Sponsored Links

相棒ダメージグッズ

相棒 シーズン16 第11話 ダメージグッズ感想

イギリスの自殺の名所ブラックフライアーズブリッジで陣川公平(原田龍二)と咲(真野恵里菜)が出会ったということは陣川も行っていたのか?
明るく今まで通りの陣川公平が帰ってきたようにも見えますが、まだまだ心の闇は取り払えてなさそうで今後が楽しみになる内容でした。

最後の最後でリンゴを落とした女性に一目惚れしたので今までの通りの陣川公平に戻ったかな?

Sponsored Links

相棒 シーズン16 第11話 ダメージグッズ あらすじ

女子高生4人組が山奥の立ち入り禁止区域に入り込んで、下を流れる川の何かをみている描写から始まる。

ロンドンでの研修を終えた陣川公平(原田龍二)が帰国し、捜査一課に挨拶後、特命係の二人杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)にも挨拶し、ロンドンで出会った女性のことを相談する。

陣川は、ロンドンで知り合った女性を花の里に招待する。

ブラックフライアーズブリッジで出会ったという咲(真野恵里菜)を紹介され、咲は親友・武田麻里(川村ゆきえ)が「わたし 消えてなくなりたい。リセットする。生まれ変わったらまたあそこで遊ぼう。」というメールを残して自殺したので、この件を調べて欲しいと相談した。

右京はブラックフライアーズブリッジは有名な自殺の名所です。と亘に伝える。

 

咲がロンドンに行っていたのは麻里が組関係の男に監禁され、ボコボコにしてロンドンに逃げていた。

ヤクザと喧嘩していたのなら誰かに頼ったほうが良いと児童相談所で一緒に育った参議院議員成澤良子を頼る。

 

麻里が自殺した渓谷は児童相談所で育った4人(咲、良子、麻里、亜矢)がよく集まっていた場所。
冒頭の4人の女子高生が入っていた場所はこの渓谷

 

サイバーセキュリティ課の青木の協力で、麻里の死の直前にスマートフォンから動画のデータが削除されていた可能性が高いことがわかり、特命係と陣川はこの動画が誰にとって削除されたほうがよかったのかを調べる。

その後、削除された動画データは数年前に援助交際を行っていた時の動画である事がわかり、映っていたメガネをかけた女子高生と覆面をした男性を調べていく。

映っていた女子高生は中井亜矢で亜矢は咲、麻里、良子とシュガーと呼ばれる白いスーツの男の紹介で援助交際をしていた。

一緒に援助交際をしていた、何か起きた時のために盗撮していた。

良子はこの後養子縁組が決まり、現在は参議院議員になって、今の子供達に普通に幸せになるってことが当たり前だということを知ってほしくて頑張っている。

右京は動画に映っていた情報からホテルを突き止め、覆面男の正体、シュガーを突き止めようする。

すぐにシュガーが佐藤春樹という人物だと突き止めるが、シュガーは数年前から若年性アルツハイマー病で入院しており犯行は無理そう。

 

犯人

犯人はいない

麻里は恋人の黒土から参議院議員成澤良子を脅すように命令されていたが、良子が映った動画は削除しておいたからスナックの開店資金の500万円貰えれば終わりにする。と成澤良子に伝えていた。

麻里は色んな人に迷惑をかけてしまい、馬鹿な自分をリセットする為に渓谷から飛び込んでしまった。

その場に成澤良子もいたが、自己保身に走り麻里を助けることが出来なかった。

最後に特命係の二人と陣川公平に咲がダメージグッズをプレゼントする。
陣川は捜査二課に配属されることになった

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ