Sponsored Links

マイボトルバカ

10月8日にTBS系で放送された初耳学 林先生の賢い金遣いで紹介されたマイボトルバカ論と職場の近くに金をかけてでも住むべき通勤時間の短縮にとにかく金を使う論

 

マイボトルバカ論

マイボトルバカ

ビジネス誌のPRESIDENTに掲載された街のコーヒーショップでマイボトルを買う人を「マイボトルバカ」と命名させていただきました。という一文を紹介
マイボトルバカと命名

 

Sponsored Links

該当調査ではオシャレでキレイなど好感度が高いコーヒーショップのマイボトルだが、カフェで売られているボトルは超割高で低機能、量販店などで売られているボトルは保温機能とロック機能ががあり長時間温度が変わらなかったり持ち運びに優れている。
コーヒーショップではその店舗で購入していないボトルやカップでも対応してくれるので、わざわざ割高で低機能なマイボトルは購入する必要がない。
超割高
持ち込みでも対応可

 

デザインが好きで割高なコーヒーショップのボトルを購入しているのは明確な目的があるのでいいが、マイボトルで割引を受けたいなど考えていると、1杯30円の割引だとしてコーヒーショップのボトルが3,000円だと100杯買わないと元は取れない、さらにマイボトルはトールサイズの大きさなので普段はショートサイズでもいい人でもトールサイズを頼んでしまい、結局得をしていないことがしばし見られ、「マイボトルバカ」と言いたくなる面が明らかになってきた。
1杯につき30円
100杯飲まないとマイボトルはあり
中身をちゃんと考えて
ああいうものを使っている人のことを限定して
マイボトルバカと言いたい

 

通勤時間の短縮にとにかく金を使う論

通勤時間の短縮

 

貯蓄できなくても職場に近い都心に住み続けた林修
高い家賃を払ってきた
貯蓄なんてしなかった

 

通勤時間が長くなることのデメリット

海外の研究では通勤時間が45分以上になると離婚率が40%上がる。
睡眠時間と運動時間が減る。
満員電車でかかるストレス。
離婚率が上がる
睡眠時間と運動時間
ストレス

時間は貴重な財産
お金の場合には皆さん使いみちをよく考えるが時間はお金より価値がある時があるので、明確な考え方に基づいて時間を取るのかお金を取るのか選択する必要がある。
時間は貴重な財産
お金の場合は考える
明確な考えをもったほうがいい

 

サーモス 真空断熱タンブラー

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ