Sponsored Links

パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊

感想

 

ウィル・ターナーとエリザベス・スワンの息子ヘンリーの親子やバルボッサとバルボッサの娘カリーナなど親子の話しが多い。ジャックのおじさんも出てくる。が特に今までのパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズを熟知していなくても楽しめる内容になっていたと思います。

 

映像もキレイでパイレーツ・オブ・カリビアンらしい映画で面白かったです。
もうパイレーツシリーズ飽きて来たかなと思っていましたが、見たら見たで面白かったです。
エンド・クレジット後に続編を匂わすシーンもあったので、今後も続いていきそうでワクワクしました。

Sponsored Links

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 ネタバレあらすじ

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンドでフライング・ダッチマンの船長になり呪われてしまった父ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の呪いを解こうとする息子のヘンリー・ターナーだったが、ウェルに母親と仲良く過ごしてくれと平穏な生活を望まれる。

 

数年後、ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)は父の呪いを解くために海の呪いなどの勉強をしながら軍船で働くようになるが、軍船が魔の三角海域に入ってしまったことで、かつてスペイン海軍として海賊壊滅を叫び海賊狩りを行っていたサラザール(ハビエル・バルデム)の呪われた艦隊に自分以外を全員殺されてしまった。

 

サラザールはヘンリー・ターナーを生き証人、かつジャック・スパロウのコンパスを奪う役として生かした。
ヘンリーは父ウィルの呪いを解くためにジャックを探していたのでジャック探しには適していた。

 

サラザールは海賊狩りをしていた時に若き日のジャック・スパロウの挑発に乗り、魔の三角海域で艦隊ごと沈没したが海の呪いで不死身の肉体になり魔の三角水域に巣食っていた。

 

その後海軍に保護されたヘンリーだったが、服の袖を破られていたこともあり海軍に反逆者扱いされ犯罪者として扱われるが、魔女と呼ばれる天文学者カリーナ・スミス(カヤ・スコデラーリオ)に出会い助けられる。

 

海賊狩りサラザールの解放

 

その頃、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)はビンの中にブラックパール号を封印されてしまい、船員たちからも捨てられてしまい自暴自棄になりコンパスをお酒と交換してしまっていた。
そして、望むものの位置を教えてくれるコンパスの怒りを買ってしまい、サラザールを魔の三角海域に閉じ込める力が解かれてしまった。

 

サラザール討伐のためにジャックとバルボッサが共闘

 

ジャックはその後海軍に捕まり、カリーナと一緒に処刑されそうになるがヘンリーに助けられ、ヘンリーからウィルとエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)の息子であること、ウィルの呪いを解くために海の呪いを解くポセイドンの槍を探している事を聞く。
カリーナも顔も知らない父が残した赤い宝石が埋まったガリレオの日記に書かれていたポセイドンの槍を探していた。

 

ヘクター・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)は、自分の海賊団の船を沈めているのがサラザールだという事を知ると、魔女シャンサのもとを訪れ、自由な海をサラザールから守るためにサラザールにジャックが手放したコンパスを使ってジャックを捕らえるから待ってくれと交渉する。サラザールは海の呪いで上陸できないので島にいるジャックを捕らえることは出来ない。

 

ブラックパール号復活

 

コンパスを使ってジャックと再開したバルボッサだったが、ジャックに最速の船ブラックパール号でサラザールの追撃をかわしながらポセイドンの槍で海の呪いを解こうとジャック達と協力する。
ボトルシップにされたブラックパール号は、バルボッサが持っていた黒ひげの剣でボトルを割るともとに戻った。

 

バルボッサの娘

 

カリーナが持っていたガリレオの日記からポセイドンの槍の場所は星が地図の代わりになっていたことがわかり、ジャック、バルボッサたちはブラックパール号で地図にない島を目指す。

航海中にガリレオの日記は、かつてバルボッサがイタリア海軍から奪ったもので、カリーナのファーストネームがスミスであることからカリーナが自分の娘であることを知る。バルボッサが愛した女性のファースネームがスミス
ジャックもバルボッサとカリーナが親子だったことに気づく。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 ネタバレ結末

 

サラザールに追い込まれるが地図にない島を見つけ、ポセイドンの槍を海底で見つけ破壊する。
海の呪いが解けサラザール達は普通の人間に戻り、バルボッサが娘カリーナを守るために自らを犠牲にしてサルザールたちを海底に落とす。
この時カリーナは自分の名前の由来にもなった星のタトゥーがバルボッサの腕に入っているのを見てバルボッサが自分の父親だと気づく。

 

ウィル・ターナーの呪いも解け、ウィルとエリザベス・スワンが抱き合う。
カリーナとヘンリーもイチャつく。

それを見てイラつくジャックの元にコンパスが戻り、新たな冒険に出る。

 

エンドクレジット後

エンドクレジット後にウィルが寝室でデイヴィ・ジョーンズらしき左手がカニの手のようなモノに襲われる夢を見る。起きるとそこには誰もいなかったがベッドの足元にフジツボのようなものが落ち床は濡れていた。

 

海の呪いを解いたことでデイヴィ・ジョーンズが復活してしまったのかな?

パイレーツ・オブ・カリビアン:ブルーレイ・4ムービー・コレクション(期間限定)

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ