Sponsored Links

日本の雇用システムだと残業が発生する.

池上彰のニュースそうだったのか!!でサービス残業は欧米では珍しく、なぜ日本で発生するのか?それはは日本の雇用システムから生まれている。と解説

 

日本の雇用システムは世界から見ると特殊
世界からみた日本の雇用

 

日本の学校は直接仕事に結びつくような教育はしない、会社に入ってから教えよう。となっていて、新卒一括採用で仕事の内容が決まり、会社の力が強くなりがち。
学校で教えるのは仕事に関係ない
新卒一括採用
仕事は会社から教わる
仕事の内容は会社が決める
会社の命令に従いましょう
会社の言いなりになる

 

Sponsored Links

世界、特に欧米では、学校で自分のなりたい職種の学科があり、そこで技術習得し、即戦力で就職する。
欠員が出たら企業はその職種で募集をかけるので自分が持っている技術とマッチする求人が出たら随時応募する。
就職後、会社から自分の仕事とは関係ない仕事を命令されても「それは私の仕事じゃない」と断ることもできる。
学校で技術を覚える
欠員が出たら補充
同期なんてない
会社から違う仕事を依頼されても断る
それは私の仕事じゃない

 

日本では終身雇用あ年功賃金があったので、会社に言われるがまま従っていれば給料が上がってきた。
仕事がなくなっても他の仕事を割り当ててくれ安心して暮らせるような仕組みになっていた。簡単に会社側から解雇処分を行えない仕組みにもなっていたので、会社に尽くす社員が多く、会社のために残業にも従いがちだった。
命令に従う
賃金があがる
今やってる仕事がなくなっても
別のしごとをあ割り当てる
一生懸命
安心して生活できる

さらに上司が帰るまで帰らないという風潮も生まれ、遅くまで残業すれば出世できるというムードが広がり、やることがなくても遅くまで残るようになってしまった。
仕事をしているフリ
遅くまで残業すれば評価される

 

欧米では同じ仕事をしていたら賃金は変わらない。
なので今の仕事よりもいい仕事を探してキャリアをステップアップさせていく必要があるので転職していく。
さらに仕事よりも家庭を優先する考え方をする人が多いので、定時になったら帰る。
同じ職務なら賃金は一緒
ステップアップ
転職で給料をあげる

労働時間の短いドイツでは、朝から昼間できっかり仕事して、昼休んで定時まできっかり仕事をする。
そして給料は日本よりもいい
労働時間の短いドイツ
定時から仕事開始
ランチまでもくもくと
ぱたっと仕事をやめる
きっちり休んで
仕事再開
ぴたっとやめて変える
給料はいい

 

ただしドイツでは10歳で大学進学するか職人の専門学校に進むかの選択を迫られる。
ドイツ人も優秀じゃない
他の人はどうやって生きていく
10歳で判断
一部のエリートが大学進学

 

就職というが日本のシステムは就社
会社に就職して
言われるがまま
欧米は仕事を選ぶ

 

日本が高度成長期で日本のの会社が世界で成果を出していたときは、日本の終身雇用から生まれる愛社精神はジャパン・アズ・ナンバーワンと賞賛されていた。

 

だが、終身雇用や年功賃金がなくなってきて、会社の力が強いままという状態になり低賃金で長時間労働をさせるブラック企業が生まれてしまった。
ブラック企業誕生秘話

 

スタジオでもどちらのシステムが自分に合っているかは意見が割れていましたが、システムが崩壊してきているのに会社の力が強いまま・・・あとは仕事が生活の中心ではないという価値観を持つ人が多くなってきたのですかね?

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ