Sponsored Links

相棒劇場版4

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 ネタバレ

ネタバレあらすじ

 

国際犯罪組織バーズのレイブンと呼ばれる主要メンバーの捜査を独自に行なっていた国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)が特命係の二人杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)と協力してリュウの協力者ロイ・モリス(ダンテ・カーヴァー)からレイブンの正体に辿り着くために天谷克則という人物を調べてほしいと電話が入るが直後にモリスは国際犯罪組織バーズの黒衣の男(北村一輝)に殺される。

 

その後バーズが、7年前にイギリスで起きた日本人大使館員の娘誘拐事件で誘拐された鷺沢瑛里佳(山口まゆ 事件当時の10歳時は内田未来)の現在の姿を映した動画を公開し、鷺沢瑛里佳を返してほしければ身代金払え、要求に応じなかった場合は日本の誇りを失うことが起こると脅迫してくるが政府はこの要求を拒否する。

鷺沢瑛里佳誘拐事件は鷺沢瑛里佳の誕生会で鷺沢瑛里佳を残し、その場に居た全員が毒殺されその後鷺沢瑛里佳が何者かに誘拐されたいう事件

Sponsored Links

杉下、冠城は公開された動画から鷺沢瑛里佳の場所を特定し鷺沢瑛里佳を保護する。
さらにレイブンたちが狙っているのがカナダで行われた世界大会に参加していた日本選手団の帰国パレードに集まった国民50万人に有毒ガスを吸わせることだとわかり二人はレイブンを阻止しようと動く。

 

そして、黒衣の男(北村一輝)はレイブンではなく、レイブンがマーク・リュウ(鹿賀丈史)だったこと、レイブンはテロ”未遂”事件を命をかけて起こそうとしていたことがわかり、右京は狙撃犯に撃たれて死のうとしていたレイブンを庇って右胸を撃たれるが生きたままレイブンを捕まえ事件を解決する。

逮捕されたレイブンはその後食事を取らずに死のうとするが、右京に戦争で一人ひとりの命の大切さを学んだあなたが自分の命という一つの命を粗末に扱わないで下さい。例え刑が執行される身であっても生きて下さいと諭される。

 

50万人が参加したパレードでテロを起こされそうになっていたことを隠そうとした警察だったがどこからか情報が漏れ説明しろ!と記者から凶弾されるが社美彌子(仲間由紀恵)が上手くやり過ごす。

 

神戸尊(及川光博)は捜査本部に入れない特命係の変わりにマーク・リュウ(鹿賀丈史)を捜査本部に連れて行くために右京に呼び出された。出演もそれだけでした。

 

レイブンの正体

レイブンはマーク・リュウでマーク・リュウは元々日本人の天谷克則
天谷克則は、戦時中に家族で南洋開拓団に加わり南洋の島を開拓を行っていたが、
ある日の朝起きると島の港にいるはずの日本軍艦が姿を消していて開拓を行っていた島が敵国に襲われ行方不明になる。
何とか生き延びた天谷克則は数年後に日本に帰国するが、1959年の特例措置で死亡扱いされていた。

その後姿を消した天谷克則は香港に渡り、香港返還時にイギリス籍を手に入れマーク・リュウになった。

 

レイブンの目的

 

外国籍の男が日本人全員を狙ったテロ事件を未遂の形で終わらせ、自身が開拓先で経験した男だろうが、女だろうが子供だろうが日本人であるだけで狙われる。という事を日本人に教えたかった。外国籍の男が日本人を無差別に狙った事件として終わらせたかった。

 

スポンサードリンク

 

黒衣の男(北村一輝)の正体

 

名前が明かされてなかったのは劇中でレイブンだろうと思われ、黒衣の男(北村一輝)は国家に見捨てられた国民天谷克則の息子だから今回の事件を起こしたと思わせるために名前が明かされていなかったが、黒衣の男(北村一輝)の正体は鷺沢瑛里佳誘拐事件発生時の駐英大使岩井孝信(江守徹)のSPだった元警察官
鷺沢瑛里佳誘拐事件で身代金要求はなかった。となっていたがこの男が身代金要求の話しを他に伝えなかった。その場にいた黒衣の男(北村一輝)はこんな男の為に命をかけて盾になっていたのかと絶望しSP、警察官辞め海外を回っていた。

1年前にレイブンに招かれ、鷺沢瑛里佳と再開しメンバーに加わる。

劇中で鷺沢瑛里佳に”大きくなったな”と言っているが、鷺沢瑛里佳に”去年から1cmしか伸びてないよ”と言われる。

 

鷺沢瑛里佳誘拐事件の事実

 

鷺沢瑛里佳はイギリスでモンキーと馬鹿にされていてその事で悩んでいた所をバーズのメンバーに付け込まれ、魔法のシロップを渡され、これを全員に飲ませれば夢が叶うと言われ、誕生会で出される飲み物にいれてしまって参加者全員毒殺事件が起きてしまった。

そのことにショックを受けた鷺沢瑛里佳に”これが君の夢だったんだね”と言い、ダークサイドに落ちてバーズと一緒に行動するようになった。

この事件を起こしたバーズのメンバーは直後に”非道なやり方”としてレイブンに粛清される。

 

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 感想

 

面白かったです。相棒はスペシャルや映画でテロ系の話し多いですけど今作も政府、警察上層部がゲスで面白かったです。
レイブンの正体も良かったと思います。「オフィシャルガイドブック 相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!  特命係 最後の決断 & シーズン14・15」 (ぴあMOOK)

黒衣の男(北村一輝)の名前が隠されていた事などからレイブンがマーク・リュウ(鹿賀丈史)であろうことは想像できた人も多いと思いますが、結構よく出来ていて素直に観ていると騙されます。
二人共日本という国に失望したという共通点もありますし、戦争で日本に裏切られた子供(天谷克則)の息子(黒衣の男)というものありえない話ではないので・・・

 

観ている途中では、父親から日本に裏切られたという話しを聞いただけで、国民が熱狂しているパレードを狙うか?ここまで大規模な復讐に走るか?ちょっと理由弱くない?思いましたが、マーク・リュウ(鹿賀丈史)がレイブンである事が明かされ、納得させられ、面白かったと思ったのかなと。マーク・リュウは裏切られた張本人なので。


そして、マーク・リュウが日本人少女誘拐事件で誘拐された少女を今まで育て、非道なやり方だったとして犯行を行った実行犯を殺したことと、黒衣の男(北村一輝)も国に失望していた事からこの事件に手を貸した理由も納得できました。

 

残念なのは銀座でのパレードを強調していながら、パレードが行われている場所が銀座っぽくないところ・・・
せっかく丁寧に作られているように感じたのに、ちょっとロケーションが雑だったのでは?と思いました。

 

神戸尊(及川光博)も出演シーン少ないですが、捜査本部の情報をスマホで右京に聞かせたり、右京が入れない捜査本部にマーク・リュウを連れて行く。(マーク・リュウは捜査本部で操作に協力するふりをしてわざとウイルス入りUSBメモリを落とし、馬鹿な刑事(伊丹)に拾わせ捜査本部のシステムをダウンさせる。特命係は出入り禁止でマーク・リュウ現役の捜査官ではないので捜査本部に特命関係者を入り込ませる人物が必要だった)という重要な役割があったので強引な出演というわけでもなく良かったです。

 

 

関連記事
 カテゴリ