Sponsored Links

ブラック企業に騙されやすい人

2月4日に放送された世界一受けたい授業で紹介された男性脳と女性脳の違い

年を取るとキレやすくなるのは男性?女性?など平均的な男性脳と女性脳の違いと性別に関係なくブラック企業に騙される脳の仕組みが紹介されました。

 

脳科学的に心配症なのは男性?女性?

心配症な脳

 

心配症なのは女性

安心感をもたらすセロトニンが女性のほうが少ない傾向にあり、旅行などの際に荷物が多くなるのも心配になりがちな女性脳の特徴
心配性なのは女性
女性は荷物が多い

 

逆にストレスを感じやすいのは男性

 

これはストレスを感じたときに出るコルチゾールが男性脳のほうが多く、男性はいざという時に気持ちの切り替えが苦手で自殺が女性に比べて圧倒的に多い。
男性は気持ちが
自殺が多いのは男性

 

Sponsored Links

年を取るとキレやすくなるのは男性?女性?

年をとると切れやすくなるのは

 

年を取るとキレやすくなるのは男性

 

高齢者の傷害・暴行事件は男性が圧倒的に多い。
これは男性のほうが怒りの感情を抑える前頭前野の老化が早いから。
切れやすいのは男性
男性が圧倒的に多い
男性脳は老化が早い

 

ケンカしたとき相手を無視するのは男性?女性?

 

女性のほうがコミュニケーションを取る上側頭溝が発達していて、言語コミュニケーションを取るのが得意で、男性はうまく言葉が出ずに黙りがちになりやすい。
喧嘩で無視
言葉にできない
女性脳は発達している

 

ブラック企業に騙されやすい脳は性別に関係なくダマされる

ブラック企業に騙されやすい人
性別に関係ない

 

ひたすら輪ゴムを長く繋げ、その後に報酬として3000円と500円を上げるという実験を2グループにわけて行ったところ、報酬の多いグループは退屈だったという答えが多かったが、報酬の低いグループは楽しかったという答えが多かった。
同じ作業

 

報酬の多かったグループは、退屈で大変な作業だった。でも作業に見合った報酬が貰えたという感情が生まれるが、
報酬の多かったグループ
報酬の低かったグループは退屈で大変な作業だった。それなのに報酬が少なすぎる!という納得行かない感情が生まれ、これが認知的不協和になり、なんとか自分を納得させようとどちらかの考えを変えてしまう。
結果、楽しかったかも、だったら少ない報酬でも満足!という感情を生んでしまう。
報酬の少なかったグループ
認知的不協和
考えを変える
楽し方t
満足
妄想を作り出す

 

ブラック企業の社員も給料が安くて休みもない、でも自分が選んだ仕事だしという2つの感情が認知的不協和になり、やりがいがあって楽しいと脳が自分自身を騙してしまう。
ブラック企業脳
やりがい
脳が騙す

労働環境が悪いのに"やりがい"を感じたらそれは脳が作り出した妄想かもしれませんね。

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

 

 

関連記事