Sponsored Links

映画傷だらけの悪魔

映画傷だらけの悪魔のネタバレあらすじ

 

ポップな雰囲気の音楽と踊っている女子高生、その裏でいじめられている女子高生というシーンで始まる。

 

ずっと東京で過ごしてきたそこそこの女子高生が栃木の高校に転校してきた葛西舞(足立梨花)。
栃木でも目立たずにそこそこの生活を送ろうとしていた舞だったが、転校先に中学時代にいじめていた小田切詩乃(江野沢愛美)がいて、その事を初日に暴露されクラスで浮いてしまう。

 

詩乃は舞に中学時代のいじめの復讐するために舞をハメようとし、舞はすぐにクラスのラインで悪口を言われ始めイジメも始まる。

なんとか目立たないクラスメイトと仲良くなろうと近づこうとするが、あなたと友達になるメリットないしと断られてしまう。

そんな舞を見て詩乃はもっと苦しめと言う。

 

Sponsored Links

だが、イジメられている舞を見て詩乃は昔の自分を思い出し過呼吸を起こしてしまった・・・

 

過呼吸になりながらも舞を地獄に落としたい詩乃、一部のクラスメイトはイジメに反対だが声を出して止めることは出来ない。担任教師もイジメに気づいているが見て見ぬふりを続ける。
そして、舞は文化祭で体育倉庫に閉じ込めれておしっこを漏らしてしまい、それを機に学校にいかなくなる。

久しぶりに東京時代の友達に会った舞は、友達の、前見たく顔色うかがって生きるの面倒くさくなって今のクラスで友達ゼロ。こっち戻ってきたら?という発言に元気をもらった舞は、大丈夫!今の地獄から抜け出して見せると言い、髪を明るく染め、気持ちを新たに再び高校に通い出す。

 

舞はクラスメイト一人ずつの情報を得ながら近づきやすい人間から崩していきイジメグループのリーダーを孤立させる・・・

さらに今まで小田切詩乃が舞に言っていた言動を記録していた動画を公開して詩乃とイジメグループのリーダーを完全にクラスから孤立させた。

そして、舞はクラス全員に"無関心、無関係、傍観者!お前らのせいで私たちは毎日地獄を見てんだよ!!私は絶対に許さない!私は自分も、お前ら傍観者も絶対に許さない!!"と叫び、一人ひとりを指差し、"全員死ね!"と言う。

最後は威風堂々が流れながらクラスメイト全員と担任が倒れていく教室から舞が走り去りエンドクレジット

 

エンドクレジット後にイジメグループの一人名取静(岡田結実)が階段から落ちていた所を中学時代からの静の友達近藤千穂(仲谷香春)が階段上から見ている所を思い出すのですが、これは中学時代からの友達だったのに、静に千穂とイジメグループのリーダーどっちが大事かだったらリーダーだと答えた事への復讐で落としちゃいましたかね。

 

映画傷だらけの悪魔感想

 

最後の30分くらいで急速に話しが進んでしまうのが少し残念でした。

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ