Sponsored Links

悪い入浴法

11月12日に放送された世界一受けたい授業で紹介された、ついついやっているけど実はお肌に悪い入浴法TOP5
肌に悪い入浴法

 

第5位 全身をゴシゴシ洗う

 

ゴシゴシ洗う
肌の水分を守ってくれている皮脂膜を剥がしてしまうことになるので、乾燥しやすくなる。
特にスネは皮脂膜が少ない部分なのでお湯で流す程度で充分。

乾燥しやすい人は、手のひらでこすらずなでるように優しく洗うとしっとり肌になる。
しっとり肌

 

Sponsored Links

第4位 脱衣所が寒い

 

脱衣所が寒い
せっかくお風呂で体を温めたのに脱衣所が寒いと急激な温度変化で肌が刺激され、痒くなる寒冷じんましんになる危険性が高い。
脱衣所は暖房器具などで暖かくしておく必要がある。

お風呂場の温度も大事で、お湯を溜めるときに蓋を外すことで蒸気で暖め、温度差をなくすと体に良い。

 

第3位 一番風呂に入る

 

一番風呂
水道水には微量の塩素が入っていて、肌が乾燥しやすい冬は塩素に肌を攻撃され肌荒れの原因になる。
同じ肌質の人でも一番風呂と二番風呂だと違いが出る理由は、最初に入った人のタンパク質などが塩素とくっつくので塩素が減るから。

塩素を減らす方法としては、ビタミンCが豊富なレモン汁を少量入れるかゆず湯にするなどで塩素は減らせる。
アスコルビン酸が入った入浴剤も塩素軽減には効果的

 

第2位 42℃以上の熱い湯に入る

 

42℃以上のお湯
湯温が高いほうが乾燥しやすい。
熱いお湯が好きな人は炭酸ガスが体感温度を2℃くらい上げてくれるので、炭酸ガス入りの入浴剤を使うと良い。

 

第1位 15分以上の長風呂

 

15分以上の長風呂
長時間お風呂に浸かっていると、肌の角層が膨らんでしまい油分がなくなってしまい、肌の保湿成分が流れ出てもしまう。肌がふやけるのは保湿成分が失われているサインなので肌がふやけるほどの長風呂は注意!
肌がふやける

 

 

入浴前に飲むと美肌効果がアップする飲み物

 

緑茶
緑茶

 

緑茶のカテキンは美肌に効果的とされているが、入浴前にコップ一杯の緑茶を飲んでお風呂に入るとカテキンの吸収力が7倍にアップする。
カテキン

 

バスクリン カラダプラス アロマスパークリング アロマバスコレクション

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ