Sponsored Links

銀行カードローン

銀行カードローン破産が急増中

消費者金融からお金を借りるよりも銀行のカードローンの方が借りやすい。
銀行で借りられない客が消費者金融にお金を借りにいくというのがかつての流れだったが、最近では銀行系カードローンの審査のほうが緩く、消費者金融で借りられない客が銀行系カードローンで借りる傾向にある。
銀行カードローンの審査

 

審査が緩く、低金利がメリットの銀行カードローンだが、実は審査が緩いことでデメリットもある。

Sponsored Links

銀行カードローンのデメリットは、銀行は年収の3分の1以上の貸付が可能で、生活に影響が出る貸付を行えてしまい、銀行カードローンで破産する人が急増している。

この3年で1兆円以上規模を増やしている銀行の貸出金
貸出金

銀行には貸金業法が適用されないので過剰な貸付が増えている。

かつては消費者金融による過剰な貸付が問題になり、2006年に貸金業法が改正され、消費者金融など貸金業者に年収の3分の1を超える貸し付けを禁止にした。

しかし、銀行にはこの改正貸金業法が適応されない。その為銀行は年収の3分の1以上の貸付が可能。
銀行は対象外

そして、銀行カードローンは銀行がお金を貸すが、保証を行っているのは消費者金融などの貸金業というのが一般的で返済が滞った場合は保証会社の消費者金融が肩代わりをしている。そのため銀行はリスクを取らないでお金を貸せる。
実は消費者金融
銀行カードローンの保証

 

銀行カードローンの広告を見ると、改正貸金業法や総量規制の対象外という謳い文句が多く、昔のヤミ金のような宣伝文句が目立つ。
ヤミ金の宣伝文句

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ