Sponsored Links

新・3大古本マニア古沢和宏が見つけたアンデルセン童話集に残る痕跡

9月2日にマツコ&有吉の怒り新党で放送された日本人が知っておくべき新・3大古本マニア古沢和宏が見つけたアンデルセン童話集に残る痕跡

読者の痕跡が残されている可能性がある古本
その痕跡にはまってしまった今回の有識者古沢和宏が購入した今から60年前に発行された全10巻のアンデルセン童話集から発見された手紙から新・3大古本の痕跡を紹介
古沢さん

どうやら男性が女性に毎月、アンデルセン童話にラブレターを挟み送っていた模様

新・3大古本マニア古沢和宏が見つけたアンデルセン童話集に残る痕跡

・2巻の手紙
・5巻のメモ
・10巻の手紙

Sponsored Links

2巻の手紙

手紙の内容は、最近は引っ越したばかりで会えていない英雄が、2,3か月後の7月か8月の休みにF子さんに会いに行く予定ですと伝えている。
秀夫は78月でF子に会いに行く

英雄は教師で、F子は生徒
最近転勤して会えないが夏休みに入れば会いに行けると妄想した古沢和宏
妄想1
妄想2

5巻のメモ

倫子さんという謎の女性がメモに書かれていた。第2の女性
5巻のメモ

10巻の手紙

2巻から8か月経過した最終巻
1月30日

一緒になることだけ考えてこの1年を頑張ろうと二人は結婚する模様
結婚の意思を伝えた

しかし、結末は2人しか知らない・・・
結末は2人

番組会議では二人は結ばれ、英雄さんが先に亡くなり、F子さんが大事に本と手紙を保管していたがF子さんもなくなり、家族が中身を確認しないまま古本屋に売ってしまったのではないか?と妄想したらしいです。
古本屋に

手紙が残っていたということは持ち主にとって非常に大切なものだったのでしょうね!!

完訳アンデルセン童話集


関連記事
 カテゴリ