Sponsored Links

暑さに勝つカラダ

7月15日に放送されたためしてガッテン!暑さに勝つカラダへ!熱中症 血液ドロドロ一挙解決スペシャルで紹介された熱中症対策

7人に1人が体の水分が常時足りていない状態にあるドライボディだと最近わかった。
ドライボディとは熱中症になりやすい体質で、ドライボディになっていると常に水分が失われている、水分を体にためておけない状態になっている。
若くてもドライボディになるので注意が必要!!

Sponsored Links

水分をカラダにためておけない、体が渇く人は筋肉が少ない人

筋肉が多くないと水分が貯められない!!
筋肉は水分を貯めるタンクの役割を果たし、筋肉の80%は水分、脂肪の場合は20%
筋肉水

暑さに弱かったり二日酔いになりやすい人は筋肉を増やすと対策がとれるようです。

スポーツ選手が熱中症になりにくいのは暑さに対する慣れもあるようですが、筋肉量が多く、多くの水を体に貯めておけるからのようです。

脱水のサイン

・口の中がネバネバする
・わきの下が乾いている
・皮膚をつまむと跡が残る
・便秘気味
・ダイエットしていないのに体重の急な減少
脱水のサイン

最新熱中症対策

充分な食事量
3食しっかり食べると1日1リットルの水分補給になる。
充分な食事を取れない場合はこまめに水分補給をする。

筋肉を増やす
筋肉量を増やしたければ体の6割の筋肉を持っている下半身トレーニングが効果的

手を机や椅子に軽くそえ(転倒防止のため)スクワットをする。(目安は10回で10回がキツイ人はかなり足腰が弱っている可能性あり)
楽々スクワット
散歩をしている人はインターバル速歩という3分普通に歩き3分早歩きを繰り返すガッテン流筋力アップウォーキング法
インターバル速歩

運動後30分以内に牛乳コップ一杯飲むだけで通常よりも筋肉量アップが期待出来る。

水分不足の状態は体に悪影響を及ぼし、痛みに過敏になったり、だるさを感じたり、イライラ、集中力低下などが起こる。
水分不足の悪影響

大塚製薬 ポカリスエット パウダー


関連記事
 カテゴリ
 タグ