Sponsored Links

駆け込みドクター!睡眠徹底診断スペシャルで紹介された睡眠豆知識、最適な枕の作り方、快眠ストレッチ、歯ぎしり対策表情筋を鍛える体操

寝言に話しかけると日中イライラしやすくなる。
寝言

寝言は浅い眠り(レム睡眠)の時におきやすく、
人は浅い眠りの時に心のメンテナンスを行っているので、この浅い眠りを邪魔してしまうと心のメンテナンスが行われず、精神が不安定になってしまうそうです。

うたた寝すると仕事の効率が上がる。
うたた寝.

マイクロスリープと呼ばれる数秒~数十秒の睡眠は能率改善に効果がある。
昼寝が仕事や勉強の効率アップに効果的なことは最近よく効きますが、超短時間の睡眠でも効果があるそうです。

Sponsored Links

電気を点けたままで寝ると太りやすい。
電気をつけたまま

明るい所で寝ると睡眠の質が悪くなり成長ホルモンが減少し、新陳代謝が悪くなり太りやすくなる。
豆電球程度でも真っ暗の状態で寝る人に比べ1.9倍肥満のリスクが上がる研究結果があるそうです。

最適な枕の作り方

最適な枕のポイント

1.上向き、2.横向き、3.寝返り

バスタオル、タオルケット、玄関マットの3つを用意する。
マット

上向きのチェックポイント

呼吸がスムーズか?
首に緊張がないか?

重ねたバスタオルの折り重ねる枚数を変え最適な高さを探る
重ねたバスタオルの折り重ねる枚数を変え最適な高さを探る

横向きのチェックポイント

額の中心と鼻・首のつけ根を結んだ線がベッドと平行になる。
横向きのチェックポイント

寝返りのチェックポイント

力を入れなくても完全に横向きになれるか?
手を胸で交差させて左右にゆっくり寝返りをしてみる。
寝返りのチェックポイント

腰と股関節の快眠ストレッチ

腰を曲げるストレッチ

ひざを胸につけるように両腕で抱き締める
GIF動画
腰を曲げる

腰を伸ばすストレッチ

うつぶせで腕をついて腰を反らす 天井から頭が引っ張られるイメージで
GIF動画
腰を伸ばす

股関節を開くストレッチ

両足をかかとをつけてゆっくりと股を開く
股を開く

毎日これを3セットやることで快眠効果が期待できる。

歯を失う最も大きな要因は歯ぎしり
歯ぎしり

歯ぎしりのタイプ

歯ぎしりのタイプ
食いしばり型
歯に力を入れた状態で睡眠をしており音はほとんど立てないのが特徴
舌に歯形が残っていたら食いしばり型の可能性大

ギシギシ型
歯を左右にこすり合わせギシギシと音を鳴らすのが特徴
歯のすり減りや付け根のくずれが症状として出る。

カチカチ型
上下の歯をぶつけカチカチという音を鳴らすのが特徴
前歯が欠けやすくなる。

歯ぎしり改善にはあごの周りの筋肉をほぐすあいうべ体操

文字通りあ・い・う・べの形に口を大きく動かす顔の体操
GIF動画
あいうべ体操

口の周りの筋肉のコリをとり、心理的にリラックス効果がある。
1日30セット行うとよい。表情筋が鍛えられるので子顔やシワの防止にも効果的


関連記事
 カテゴリ
 タグ
TBS