Sponsored Links

世界一のサッカークラブを決めるFIFAクラブワールドカップ2012の決勝が横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で行われ、ヨーロッパ王者チェルシー(イングランド)vs南米王者コリンチャンス(ブラジル)が対戦しましたが、
レベル高い!!

日本のJリーグで大活躍していたエメルソンがコリンチャンスのメンバーで出場していたので、
例年のクラブワールドカップよりレベルの高さを試合を見ていて感じることができました!!

Sponsored Links

Jリーグではエメルソンのスピードがヤバかったですが、世界クラスになると自由にさせませんね。
ってか、ダビド・ルイスセンターバックのとしてのレベル高すぎ!!
高さと強さ、アジリティを併せ持ってるなんて・・・

失礼な言い方かもしれませんが去年はバルセロナのレベルが高すぎて、
バルセロナがどういう試合をして優勝するのか?しか注目していませんでしたが、
今年(2012)の決勝戦チェルシーvsコリンチャンスはめちゃくちゃ良い試合で面白かったです。

チェルシーの堅守と攻撃陣のタレント性
コリンチャンスはブラジルのチームらしい個人技を見せつつ組織的に守り、
どちらが先に点を取るのか?どちらが勝つのか?全然わからずドキドキしながら見れました!!

結果は、チェルシー0 - 1コリンチャンス
2006年大会インテルナシオナルがバルセロナを破って以来の南米代表クラブが世界一に!!

チェルシーは大事な場面でトーレスがシュート外しちゃいましたね!
決定的なシュートをよく外す事から師匠と呼ばれるトレース・・・
大事な試合だと点を取る印象ですが、クラブワールドカップ決勝戦で師匠発動ですか・・・

コリンチャンスのチェルシー相手に自陣ゴール前からドリブル、ショートパスでのカウンターにしびれました!
そして、日テレのサッカー中継は相変わらず微妙だ・・・

チェルシー監督ベニテスはタイトル逃して、アブラモビッチにクビにされちゃうかな・・・

FCWC 2012 コリンチャンス 【FINAL タオルマフラー】
クラブワールドカップ FCWCオフィシャルタオルマフラー チェルシー
アディダスFCWC2012 セブンカラーズマフラー レインボー×ブラック


関連記事