Sponsored Links

5月1日に放送された日本テレビ系番組超再現!ミステリーのネタバレと感想

今回超再現された原作推理小説は
瘤 / 西川三郎
著者の西川三郎さんは会社社長と小説家の2つの顔を持っている異色のミステリー小説家みたいです。

原作小説は読んだ事ありませんが、
この番組は小説を上手くまとめていて短い時間で小説をわかりやすくドラマにしてますね!!

ただ、今回の瘤(こぶ)は人間関係が複雑で犯人が全然わからなかった!!
人間関係が複雑な分色々勝手に想像しまってみんな怪しく思えてしまった・・・
この小説再現ミステリーされる前に読みたかったです・・・

人間関係以外でポイントになった
10桁の数字の謎
第1の事件藤原公平(被害者)
-1232343450
第2の事件織田五朗(被害者)
-5103274611

Sponsored Links

第一の事件で残された謎の10ケタの数字を調べると織田五朗の基礎年金の番号だった為
次の被害者の基礎年金番号を残していたと思われていたが、
第2の事件で残されていた10ケタの数字は主要人物達とは関係のない山上代議士の年金番号だった為
再び10ケタの数字が何を表しているのかわからなくなった・・・

しかし2番目の事件で残された10ケタの数字を今度は逆から基礎年金番号と照合すると、
水口靖男の基礎年金番号と一致した。

犯人は水口靖男
動機は過去に自分の家族をめちゃくちゃにした人間達への復讐だった!!
刑事の勝手な想像ですが、
謎の10ケタの数字は第一の事件で残した数字は基礎年金番号による予告で
第二の事件で残した数字は逆から読む事で犯人は自分だという自白だったのではないのか?
という事だったらしいです!!

第一の事件の藤原公平は靖男の母を暴行した疑惑があり、
第二の事件の織田五朗は父に病院のお金を横領した疑いをかけ自殺に追い込んだ
そして最後に織田祐一郎に復讐しようとしたがこの理由は、
祐一郎が過去に自作自演の怪我をして織田家の運転手(使用人)をしていた水口家を追い出し
そして約20年後に会った靖男に両親は元気か?と尋ねた事で怒りを覚えたようでした。

最後に徳井が小説では衝撃的な終わり方がある言っていましたが、
多分靖男は織田五朗の実の息子ですよね?

私はてっきり祐一郎が犯人で、
靖男も織田家の財産などを継ぐ資格があるからその事実(秘密)を知っている人達を消しているのか?
と思っていました・・・
見事に推理ハズレました!!

瘤 / 西川三郎
欲 / 西川三郎


関連記事
 カテゴリ
 タグ