【ネタバレ】相棒season10最終回 罪と罰 あらすじと感想 クローン事件で神戸尊最後回

相棒season10最終回スペシャル罪と罰で神戸尊(及川光博)が卒業した。
神戸は警視庁から警察庁への異動で警察官を辞めたわけではないので、その後も杉下右京と特命係の相棒としての活動はなくなりましたが、警察庁の警察官として何度か相棒には登場します。

いいコンビだと思っていましたが、特命係を卒業してしまいました。

考え方が人それぞれになってしまうクローン人間が関係している事件でした。
神戸尊が最初に特命係に来たときも考え方の違いで意見が別れて別々に帰るという終わり方でしたが、特命係から離れる時も右京と考え方でぶつかるという・・・

シーズン最後の回やスペシャル放送回だと大物が出てくるのが面白いですね。
今回登場した大物は片山雛子(木村佳乃)と長谷川宗男(國村隼)・・・
この長谷川宗男は劇場版の方で活躍?したみたいなのでちょっとわからなかったのですが、ハブられているが偉い人というのはわかりました!!

まさかまさか神戸尊が暴走するとは思っていませんでした・・・
相棒から卒業するならシーズン10第1話の贖罪で法廷で嘘をついて無実の人間に罪を与えてしまった事、その過去の行為を悔み警察を去っていくのだと思っていましたが、右京の信念を踏みにじる様な行為をしてそれが原因か?とも思いましたが右京はそれさえも受け入れた。
それでも特命係から去っていってしまった・・・

最後の最後まで罪と罰に関して考えさせられる深い内容で面白かったです。

相棒season10最終回スペシャル罪と罰 ネタバレあらすじ

バイオテクノロジー研究所の嘉神郁子(真野響子)は、娘の嘉神茜(浅見れいな)の妊娠に関して、文科省に呼び出され
父親が存在しないバイオテクノロジー研究によってクローン人間を作りだした事を認めた。

茜の兄隼斗(窪塚俊介)に郁子は、茜のお腹の中の子供の真実を伝えた事を話した。
郁子はもし自分のした事が罪に問われたら、クローン人間の事が世間に知られ注目を浴び文科省が困る。だからママは捕まらない。と隼斗に自信満々に語るが、隼斗は郁子を車から降ろした後、命への冒涜だと怒りを露にした・・・

実は郁子の事を文科省に告発したのは隼斗で、身元を隠して告発したつもりだったが片山雛子(木村佳乃)と長谷川宗男(國村隼)に呼び出されてしまった。このクローン人間の事は不問として隼斗にも今回の事は忘れて誰にも口外するなと口止めする。

命への冒涜を許せない隼斗は、世界初のクローン羊ドリーを例えに出し、世界中でクローン人間を作り出す事は危険だと判断し法律で禁止された、しかしあと少しでそのクローン人間が生まれようとしている。政府はそれを知っていて止めようとしない!!と大声で演説を始めてしまった。

たまたまその演説を聞いていた相棒コンビ杉下右京(水谷豊)と神戸尊(及川光博)。
警視庁に帰ってさっそくWEBで検索すると隼斗の演説の動画がWEB上に公開されていた。

暫くすると、隼斗が遺体で見つかった・・・

すぐに母の嘉神郁子が自首してきて事件は解決したように思えたが、実は妹の嘉神茜が兄の演説動画に怒りを覚え殺してしまったのを母が庇い嘘の自首をしたのだった。

警視庁ではさっそく自首してきた嘉神郁子の取り調べを刑事部捜査一課のトリオ・ザ・捜一伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)が行うが、隣の部屋で見ていた特命係りコンビが途中で入って来る方が困るという理由で最初から同席させた。

郁子は、生きている資格のない子、宗教にハマりおかしくなり娘や私を非難していたと語った。

殺害に至った動機は、娘が妊娠し、その子供の父親を語らなかったので不倫によって出来た子供、悪魔の子だと罵ったので
深夜に隼斗を訪ね殺害したと自供した。

取り調べ後、特命係りコンビは事件現場に赴き捜査を開始した。

右京は殺害方法に違和感を覚え、演説中に着ていた黒のダウンジャケットがない事にも疑問を持った。
どこにも見当たらない事からもう一度動画で服装をチェックしようとするが、すでに動画は削除されていた。

郁子と茜は前もって口裏合わせを合わせていたので供述に不明点はなく、すぐに逮捕状を請求しようとするが右京と尊は2人で捜査を続けていた。

茜が隼斗の演説動画を見ていた事、行方不明になっていた黒のダウンジャケットが茜の部屋のクローゼットの中で発見された。

黒のダウンジャケットが重要な証拠品であると茜に嘘をつき茜の動きを監視すると、その日の深夜に茜は黒いダウンジャケットをゴミとして捨てた。

クローンの演説をした日に殺された事で、クローン技術が原因で殺された可能性が高いと考える2人。

ここでふと右京が尊に以前クローン技術があるならば神の怒りを買っても実現させて欲しい技術と言っていたが、クローン技術で作れるのは遅れて来た一卵性双生児で同じ人そのものができるわけではない。
それを知った上でSFの様な一度死んだ人間の復活させる様な技術を神の怒りを買ってでもというのは、そこまでしてでも再び会いたい人物が居るのですか?と問うが尊は答えをはぐらかす・・・

次の日尊は片山雛子と長谷川宗男と会い、もうすぐ生まれるクローン人間が事故で亡くなった茜の死んだ息子のクローンだという事を聞かされ、杉下を止めろ、クローンについて詮索しない様に協力してくれとお願いされる・・・

尊は悩み、誰かにお願いがあると電話をかける。
警視庁では逮捕状がおりていたが右京が嘉神郁子を任意で外に連れ出してしまっていた。

右京、尊、郁子、茜の4人で事件の検証を行う。
右京の推理は、隼斗は茜のお腹の耳を当てている時に背中を刺した。
そして、黒いダウンジャケットは妊婦がお腹を隠す為に隼斗の大き目のジャケットで隠して帰った。
2人の供述はまったく一緒なので、嘘をついた場合も同じ供述になってしまうと指摘し追いこんでいくと、茜は隼斗殺害を認めてしまった・・・

郁子は茜は妊婦だから許して、私が罪を背負うから見逃してと懇願する・・・
だが、右京はそういった事を許す男ではないと尊が口をはさむ。

事故で夫と息子を同時に失くし心が壊れかけていた茜の願いを聞き入れる為に郁子がクローン人間研究に着手した事を明かした。

尊が右京に対して、この話しはここだけの話しにしませんか?クローンの事は内密にしませんか?生まれて来た子供がクローン人間だという事が世界中に知られたら子供はどうやって生きていけばいい?クローン人間を受け入れる準備が出来ていない。そもそも存在するはずのない命だから準備も何も想定外だ。このままだと生まれてくる子供が罪を罰を受ける事になってしまう。と右京に訴えかけるが、右京は一切妥協をせず尊の意見を聞き入れなかった。

そこで尊は右京と郁子を残し、茜と2人で車で逃亡してしまった。
右京がどうしても検挙するなら今からお腹の子供を僕が殺しますと尊は右京を脅迫する・・・

右京に尊が今一人でいる事を看破され交渉は失敗したかに思われたが、尊の本気を感じとった右京は尊を人殺しにするわけにはいきませんと尊の意見を聞き入れた・・・

その頃茜は、尊の頼みで月本幸子(鈴木杏樹)が一緒に居てあげていた。

郁子は尊の願いどおりクローン人間の件で裁かれる事はなかった。

神戸尊 特命係卒業の理由

今回のクローン人間が関わる事件で右京の大事にしているものを踏みにじってしまったと思い詰めた神戸尊は、大河内春樹(神保悟志)監査官に会い、俺を特命係以外の他の部署に飛ばすよう人事にかけあって下さいとお願いした。

杉下右京は、今回の事件のように考え方に違いを感じたからといって"君を追い出すつもりはない"と、これからも尊は特命係の相棒であるという発言をしてくれたが、結局神戸尊は警察庁官房長官付に異動する事になった。
突然の異動の要因は、長谷川宗男(國村隼)が裏で動き、神戸尊を警視庁から警察庁へ異動させたのだった。

茜は裁判中に産気ずくも、残念ながら子供は生まれてこなかった・・・

相棒 シナリオ傑作選

関連記事

コメント 2

There are no comments yet.
TVジャンキー
2012/03/22 (Thu) 19:36

No title

そして誤字脱字だらけの「日本語でおk」な残念文章が投稿された!!

TVジャンキー
2012/10/17 (Wed) 22:03

口裏合わせを合わせた・・・?

テレビ朝日