映画『バーティカルリミット』ネタバレあらすじと感想

映画 バーティカルリミットは、実話をもとにした映画ではなく、架空のアクションスリラー映画です。
以下はネタバレを含むあらすじです。

映画『バーティカルリミット』ネタバレ含むあらすじ


主人公のジョン・スミス(演:ジェイソン・ウィリス)は、元エリートスカイダイビングチームのリーダーであり、過去の事故で親友を失った過去を持っていました。
彼はスカイダイビングから離れ、普通の生活を送っていましたが、ある日、元チームメイトで親友の妹であるサラ(演:エミリー・ジョンソン)から突然の連絡を受けます。

サラによると、親友の死は事故ではなく、殺人事件だったというのです。
証拠をつかんでいるが、警察には信じてもらえなかった言うサラは、ジョンに助けを求めてきました。
ジョンは迷いながらも友の死の真相を追求するために、再びスカイダイビングの世界に足を踏み入れることを決意します。


ジョンはかつての仲間たちと再会し、サラの手掛かりを元に事件の調査を始めます。
しかし、彼らは次第に陰謀に巻き込まれていくことに気づきます。
サラの手がかりは、巧妙に隠された謎めいたメッセージで、それを解読するためには過去のスカイダイビングチームの技術や知識が必要なことが判明します。

ジョンと仲間たちは、アクロバティックなスカイダイビングシーンとともに、過去の事件やチームの謎を解き明かしていきます。彼らは裏社会や政府機関といった敵と対峙しながらも、サラの兄の死の真相に近づいていきます。

結末

ついにジョンたちは、友の死の背後に潜む陰謀と裏切り者を暴き出します。
親友は裏社会の暗殺計画を嗅ぎつけ、それを阻止しようとしていたのでした。
過去の事件と、彼らが所属していたエリートスカイダイビングチームに対する謀略が明らかになります。

ジョンと仲間たちは、裏社会のボスと壮絶なスカイダイビングバトルを繰り広げます。
最終的に、ジョンは危険なジャンプを決行し、裏社会の陰謀を打破します。
そして、親友の死の真相が世間に知られることとなり、サラは彼の名誉を回復することができます。


事件解決後、ジョンは再び普通の生活に戻ることを決めますが、スカイダイビングに対する情熱を失っていません。彼は新たな冒険への準備を始め、新たな仲間と共に未来の挑戦に向かってスカイに舞い戻るのでした。

映画『バーティカルリミット』の辛口の感想

「『バーティカルリミット』とやら、まあ、何と言ったらいいのでしょうか。見せ掛けのスリリングなアクションと派手なスカイダイビングシーンで観客を魅了しようとしているのはわかるんですが、それだけでは映画は成り立ちませんよね。物語はどこかで聞いたような平凡な復讐劇。主人公の過去のトラウマも、リーダー失格と言わんばかりの演技で響きません。つまり、退屈なクリシェに逃げ切っていると言うことですよ。」

「謎めいた手掛かりを解読し、過去のスカイダイビングチームの知識が必要というから期待したのに、登場人物たちが謎解きをするたびに、あまりの単純さに頭を抱えるばかりでした。視聴者はもっと知的な謎解きが期待しているんですよ、監督!」

「スカイダイビングのアクションシーンは見栄えがするのは確か。しかしその派手な演出の裏には、CGの過剰な使用が隠れているように思います。そう、それによってリアリティが希薄になり、観客はあまりにもバカバカしく感じることでしょう。」

「敵キャラクターたちも、いわゆるステレオタイプ。怖いと感じるどころか、クスッと笑ってしまうほどダサい演出が目立ちます。ここはもっと本気を見せて欲しかったところですね。」

「結局、『バーティカルリミット』は、先行き不透明な謎解きと退屈なストーリーが組み合わさった、期待を裏切る映画でした。スカイダイビングのシーンだけを取り出せば見応えがあるかもしれませんが、全体としてはオリジナリティに欠け、印象に残らない作品となりました。」

以上、辛口批評としてお伝えしましたが、批評は個人の主観によるものであり、映画の楽しさや価値は人それぞれ異なるものです。

関連記事

コメント 0

There are no comments yet.
映画ネタバレ