【初耳学】高額で取引され話題のNFT 柴犬の写真が約5億円で落札されたなど

2022年1月23日の日曜日の初耳学の初耳トレンディのコーナーで紹介されたNFT(非代替性トークン)。

スマホで撮った社員や動画が売れると話題のNFT。

小学生が夏休みの自由研究で書いた絵が3枚で約240万円(当時のレート換算)で売れたり、一般の方が撮影した柴犬の写真が約5億円で落札されたなど高額で取引されていることでも話題になっている。

NFTで販売されているものは、イラストや動画、写真だけでなく、テキストやゲームアイテムなどデジタルデータであれば誰でも何でも売ることができる。

今まではオリジナルとコピーされたデジタルデータの判別はできなかったが、NFTで世界に一つしかないオリジナルデータであることが証明されたことで、オリジナルデータに資産価値が生まれた。

高額で売れるポイント

  • 作品が生まれた背景 ストーリー
  • 新しいアイディアで作られた
  • 付加価値など…etc

ツイートをスクショした画像なども売れ、有名人が歴史的なツイートをしたスクショには高額な値段がつくことがある。

画像・イラスト・ツイートなどのNFTを日本円で簡単に発行・販売できる日本のサービスHEXA

関連記事

コメント 0

There are no comments yet.
TBS