【GOT】シーズン8 6話(最終回)ネタバレあらすじと感想 ラスト 王が二人誕生した・・・

TVウォッチマン

2019-05-20
その他
0 COMMENTS

ゲームオブスローンズ最終回

ゲームオブスローンズ最終シーズン6話最終話ネタバレ

感想

賛否あるかと思いますが、悲しみ、残酷、葛藤、喜び、笑い、孤独らが詰め込まれた最終回で面白かったです。
気になるのはスターチャンネルが最終シーズン放送前にTwitterで行っていた誰が玉座に座るのかキャンペーン・・・
玉座ドラゴンに溶かされて無くなってしまいましたが・・・

 

ジョンにとっては残酷な決断になりましたが、最後にゴーストと再会できたのはよかったです。

デナーリスは育った環境や解放者として多くの悪者を倒すことが正義だという考えが染み付きすぎてしまいましたね・・・

ブランは夜の王戦後は関与してこないと思っていましたが、ラストには北部が抜けた六王国の王になってしまうとは・・・

サンサは北の女王になれてよかった。

アリアは地図に載っていない地を目指して冒険に出ましたが、アリアの冒険を続編かスピンオフで放送してほしいです。

ゲームオブスローンズ全シリーズ面白かった!!

 

ネタバレ

デナーリスとドラゴンによって廃墟と化した街の中で、グレイ・ワームらが捕虜を処刑しようとしている場面に出くわしたジョン・スノウとダヴォスが止めるが、これは女王の命令だと処刑する。
アリアはジョンと合流し、サーセイを殺すために来たが別の者に殺されてしまったジョンにレッドキープにきた目的を説明した。
ティリオンは絶望しながらも地下に逃げていたはずのジェイミーとサーセイを探しに行き、瓦礫に埋まり死んでいた二人を見つける。

多くの兵の前に現れたデナーリスは、今後も多くの他の領で起きている愚か者たちに支配されたものを救っていくと宣言し兵士を鼓舞する。

その後、デナーリスの元を訪れたティリオンは兄弟を逃がそうとした裏切り者として捕虜にされてしまった。


ジョンは捕虜にされたティリオンに会いに行き、デナーリスは今後も他の国を滅ぼしていく、レッドキープで起きたことが他の国でも起こる。
デナーリスは悪いことをしたヤツを殺すのが正義だと考えている、奴隷を解放した時や多くの戦いで私たちは彼女が勝つたびに褒め称えてきてしまった・・・
だから、彼女にとって今回の戦いも正義なんだ。これは今後も他の国に対して行われていくだろう・・・
ヴァリスに私が正しかっただろうと言われてしまうだろう。愛は理性に勝る。俺の兄を見てみろ。ジョンに言い、
ジョンは愛は義務を殺す。と返すが、
ティリオンはお前はどんな犠牲を払ってでも人々の楯であった。残酷なことを言っているのはわかるが、今人々にとって最大の脅威はなんだ?
処刑されるのが俺だけだと思うな。とジョンにデナーリスを何とかするように説得する・・・

 

玉座の行方

ジョンはティリオンの言葉を受け、玉座の間でデナーリスと会う。
そして、君は我が女王だとキスをするが、ジョンは持っていた剣をデナーリスに突き刺す。
急いで飛んできたドラゴンがデナーリスをつつくが、すでにデナーリスは死亡しており、怒ったドラゴンは炎で玉座を溶かしデナーリスの遺体を連れて去っていった・・・
玉座はドラゴンの炎で完全に溶けてしまった。

 

王の行方

女王を殺したとして捕らえられたジョンは、諸国の領主らが集まり次の王を決めてから処分が下されることになった。

集まった諸国の有力者たちで王を決める会議が開かれる中、空気を読まない男が立候補しだすが、すぐに座れと怒られる。
そんな中、人々の記憶を持ち、子孫を残すこともない、ブランドン・スタークならこれまでのような争いの世ではなく平穏な世を気付いていけるのではないだろうかと
ティリオンがブランを王に推す。

全員がブラン王に賛成し、サンサは賛成ながら北部はあくまで独立することを条件にし、ブランは六王国の王になった。

 

結末

そして、ジョンはデナーリスを殺したことでグレイ・ワームらが許さないだろうと再び冥夜の守り人へ。
ティリオンはブランの指名で王の手に、議会院にはサムやダヴォス、財務長官にはブロンが就き議会はまだまだうまく回っていない様子。
グレイ・ワームはミッサンディと約束していたミッサンディの故郷ナースを目指して出航した。

 

ブランは行方不明になったドラゴンの大体の方角さえ分かればあとは僕が探すと指示を出す。

アリアは地図にないエリアを見てきたいと西を目指して冒険に出た。

サンサは独立した北の女王になる。

ジョンはカースル・ブラックに戻るが、そこにいたトアマンドや野人たち、ゴーストと合流し北壁の向こうに去っていった・・・

 

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章

 

 

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply