【GOT】最終シーズン2話七王国の騎士ネタバレあらすじと感想 ブライエニーの夢が決戦前夜に叶ってよかった

TVウォッチマン

2019-05-17
その他
0 COMMENTS
ゲームオブスローンズ最終シーズン1
ゲームオブスローンズ最終シーズン2話七王国の騎士ネタバレ

感想

ゲームオブスローンズ最終シーズン 2話
決戦前夜にブライエニーが騎士になったシーンはめちゃくちゃよかったです。感動しました。

各々がこれまで関わってきた人と最後になるかもしれない夜にイライラ話をするのも良かったです。

七王国の騎士ネタバレあらすじ

夜の王率いる死者の軍団との戦いに参戦するという約束を反故にしたサーセイに反し、戦いに参戦する事にしたジェイミーがウィンターフェルに到着。
サーセイが約束を反故にし、父親を殺したキングスレイヤーに少し疑心を抱くデナーリス・ターガリエンだったが、ブライエニーらの助言もありサンサ、ジョン・スノウが受け入れデナーリスも了承する。
ブランはジェイミーに塔から落とされ下半身不随になった事は明らかにせず事の成行きを見守った。

その後、デナーリスはサンサとの確執を取り除こうと和解を図るが、サンサは戦いが終わった後の北部の事を考え今回限りの共闘でデナーリスの軍門に下ったわけではないと仲良くする気はなさそう。

 

シオン・グレイジョイもウィンターフェルに到着しサンサとの再会を喜ぶ。


そして、ウィンターフェルよりさらに北からトアマンド 、ベリック・ドンダリオン、エディソン・トレットがウィンターフェルに到着し、すでに近くの砦が死者の軍団により全滅し、死者の軍団は翌日の夜明けにはウィンターフェルに到着するだろうと報告した。


その夜、主だったもので軍議が開かれジョンが死者の軍団は夜の王を倒せば戦いは終わると告げ、夜の王を倒す作戦を考え始める。
ブランは夜の王の狙いが自分で、夜の王は人間の死を求めており、人々の歴史全てを知る自分の死こそが人々の死だ。僕の居場所は夜の王に付けられた印でバレている、神々の森で囮になる。と言い、全員がこれを了承し、少しでも過去の行いを償いたいとシオンがブランの護衛に立候補し、何としても死者の軍団を止め、夜の王を倒そうと誓い、各々最後の夜を過ごすことにした。


ジョン、サム、エディソンは一緒のグループだったのにこの3人になってしまったと顔を見合わせ、グレイ・ワームとミッサンデイは戦いが終わったら一緒にミッサンデイの故郷ナースに行くことを約束。


アリアはサンダー・クレゲインと再開後に、自分専用の武器を依頼していたジェンドリーから新武器を受け取り、性体験がなく最後の夜になるから経験しておきたいと脱ぎだしジェンドリーに抱かれる。

 

ジェイミーとティリオンは暖を取りながら飲んでいるとダヴォス・シーワース、トアマンド、ブライエニー、ポドリック・ペインらが集まってきた。
ブライエニーが騎士に憧れていた事を口にすると、トアマンドがなればいいじゃねえかと発言、それを聞いたジェイミーが騎士になるのに王の許可は必要なく、騎士が騎士に任命すればいいとブライエニーを騎士に任命する儀式を始め、ブライエニーは騎士になれた。最後にポドリック・ペインが"Jenny's Song"を歌い決戦前夜を過ごした。

 

デナーリスは地下の廟堂のリアナ・スタークの墓の前で、ジョンに出自を告げられる・・・

 

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章

 

 

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply