【ネタバレ】t@gged/タグド シーズン1 1話 あらすじと感想 モンキーマン怖い

TVウォッチマン

2019-02-02
その他
0 COMMENTS

tagged

t@gged/タグド シーズン1 第1話 見知らぬアカウント

感想

投稿した動画に謎のタグ モンキーマンが付けられ、そのタグを追うと女子高生らしき歩行者をショットガンで撃っている動画を投稿しているアカウントだった。というかなり怖いドラマ。
第1話では特にタグ付けされたキャラ達に実害が及ぶこともなく、動画の被害者が実際にショットガンで撃たれたのかもわからないが、撮影者がサルの被りものをしていたことしかわからず、どうなるの?という感じでしたが、第2話以降がどうなるのか楽しみ。

t@gged/タグド シーズン1 第1話 見知らぬアカウント ネタバレあらすじ

親友だったローワンとヘイリーは何が原因で仲違いをしてしまったのか、エリシアは自傷行為を繰り返してしまっているのか、なぜモンキーマンはこの3人にタグを付けたのかなど謎だけ非常に気になります。


女子高生のローワン、ヘイリー、エリシアの3人は、暴力的なビデオを投稿しているモンキーマンにタグ付けされてしまった。

気味の悪さからローワンはモンキーマンを調べるためにかつての友人ヘイリーにエリシアの事を聞きだし、さらにハッカーをしている姉にモンキーマンというアカウントのハッキングを依頼する。

警察官の父と離婚した母についていった姉は現在ローワンと一緒には暮らしていないが、姉妹の仲はそれほど悪くないようにみえる。ローワンについてきたヘイリーの事は大嫌いっぽい。


すると巧妙に痕跡が消されていた為、詳しい事はわからなかったがモンキーマンが女子高生らしき人物をショットガンに撃った動画を解析すると撮影者がサルの仮面を被って撮影していたのが写っていた。

いたずらかもしれないが気味が悪いので注意するようにローワンはヘイリーに忠告するが、ヘイリーは気にしていない様子。
しかし、その後ヘイリーがドラッグを隠れて購入した場所で、急に照明が消えたり壁に"これは本物"というメッセージが残されたりと不可解な出来事が発生した・・・

エリシアもローワンやヘイリーと同じ学校に通う女子高生は自傷行為を繰り返し、手首に多くの傷跡が残っている。

hulu

 

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply