Sponsored Links
12月16日にテレビ朝日系で放送された金曜ドラマ11人もいる!最終回の感想!!

コメディとホームドラマが一緒になった様なドラマで宮藤官九郎らしさが出ていて
星野源も最高に面白く、家族なんですもめちゃくちゃ良い曲で笑えて感動できる面白いドラマだったのですが、
こういうタイプのドラマは終わらせ方が難しいのでしょうか?

最終話はモノ凄いスピードで時間が経過し、問題が発生解決と詰め込み過ぎ感がハンパじゃなかった・・・

Sponsored Links
  


あらすじは、
一男が見事に志望校に合格し、大学デビューでチャラ男になるも将来に不安を感じてしまうが、
ソアラに叱られる&子供が生まれた事で再び真面目人間?に戻るが、火事で家を失ってしまう。
幽霊として家に居座っていた広末涼子はその後姿が見えなくなってしまった・・・

家を失った真田家は火災保険でバスを購入し真田合唱団として全国各地で家族なんですを歌う全国行脚を行い、
その活動を真田家の父 田辺誠一が写真集にして発売すると最後にとった家族写真に広末涼子が映っていた・・・

という感じの最終回でした!!

細かい笑いというかクスっと笑えるシーンなどが多かったドラマで大好きでした。
もちろん、家族の絆なども盛り込まれていて感動もある素晴らしいストーリーだったのですが、
最後はテンポが速過ぎて・・・【Amazon限定特典付き】11人もいる! DVD-BOX(初回限定生産)

あと、なんか終わり方も微妙でした・・・

最初から面白かっただけに終わり方も相当面白いんだろうなぁと期待が大きかった分
ちょっと最後の最後がつまらなく感じてしまいました・・・

星野源は家族なんですを発売しないのかな?普通に良い曲だと思うのですが?

11人もいる!Blu-ray BOX(初回限定生産)【Amazon限定特典付き】
テレビ朝日 金曜ナイトドラマ「11人もいる!」オリジナルサウンドトラック
11人もいる!オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 265号)


関連記事
 カテゴリ
 タグ