Sponsored Links

作ったのは電通

7月27日にNHKクローズアップ現代で放送された電通の働き方改革

24時間戦えますか?悔しいけど仕事が好き、ビジネスはスポーツだなどの身を粉にして働く日本人の姿を表現してきた大手広告会社電通
24時間戦えますか
労働広告

 

そんな電通だが過酷な労働時間で社員が過労死してしまった問題から働き改革として、22時全館消灯などの対策を講じるも、22時以降もメールが飛び交い、ファミレスなど喫茶店など外で働いてしまっているとの現社員からの証言もある。
基準超え
完全消灯
メール普通
外で仕事

 

Sponsored Links
  

 

入社15年目の社員は「会社で寝泊まりとか普通だった。寝るときは体が机の上で寝ると体が冷えないことがわかった。」と昔の電通では徹夜が当たり前だったことを語った。
徹夜当たり前
寝泊まり普通
机の上
冷えない
こんな感じ
現在では残業をなくしながら、結果を出す方法を模索して頑張っている。
やり方変える
模索中

 

山本敏博社長は「振り返ってみれば人の時間というものが有限である、希少なものであるという認識が非常に希薄だったと思う。社員の健康を守るとか、あるいは法令を守ることに関していうと一刻の猶予も許されない。」と今までの考え方を改めて働き方改革を一刻も早く実現しないといけないとインタビューにこたえた。
人の時間
希少なものと
社員の健康
一刻の猶予

電通の改革案としては、
・社員・契約社員の増員
・効率的な働き方を評価の対象に
・PCによる作業の効率化
改革内容

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
NHK