Sponsored Links

映画ジョンウィック2

映画ジョン・ウィック チャプター2 感想

1同様に周りから愛され、恐れられているジョンが最高でした!!

ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)のアクションと愛されキャラも非常に魅力的ですが、ジョン・ウィックは毎作犬がめちゃくちゃ可愛いのが良い!!

 

映画ジョン・ウィック チャプター2のネタバレあらすじ

 

最愛の妻ヘレン(ブリジット・モイナハン)を病気で亡くしてしまった夫のジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)、1で最愛の妻からの最後のプレゼントだったビーグル犬のデイジーを殺され愛車のマスタング ボス429 69年式を奪われたが、ヨセフ・タラソフ(アルフィー・アレン)とヴィゴ(ミカエル・ニクヴィスト)に復讐を果たした。

しかし、愛車はまだヴィゴの組織が持っていてヴィゴの弟はジョン・ウィックが取り返しに来ないか怯えていた。

案の定マスタング ボス429 69年式はジョン・ウィックに取り返されてしまう。

Sponsored Links
  

ジョンは自宅の武器庫を再び塞ぎチャプター2では1のラストで持ち帰ったフレンチブルドッグ(名前はなし)と普通の生活に戻ろうとするが、サンティーノ・ダントニオ(リッカルド・スカマルチョ)がジョンの家を訪れる。
サンティーノは再び殺し屋に戻ることをジョンにお願いするがジョンはこれを断り、サンティーノは"いい家だといい"ジョンの家を去り、ジョンが最愛の人と過ごした家を燃やしてしまう。犬は無事

 

 

最愛の人と過ごした家が燃やされたジョンはサンティーノへ復讐するために愛犬とホテル・コンチネンタルを訪れる。しかし、今回はジョンがマフィアの規則を守っていないのでルール上ジョンの手助けは出来ないと言われる。犬はマネージャーが個人的に預かってくれることに

 

ジョンは裏稼業から抜けるときにサンティーノ・ダントニオを頼り、血の契約を交わしていて、ジョンの望みを叶えたサンティーノの望みを叶えないとといけない。

サンティーノの望みは、父からカモッラを引き継いだ姉ジヤナ・ダントニオの抹殺。
カモッラは世界中の犯罪集団が集まった組織HIGH TABLE(主席連合)の主要組織12の内の1つ

ジョンはサンティーノに復讐するためにサンティーノの望みを叶えるためにイタリアのコンチネンタル・ホテルローマに滞在することに。

 

完璧な準備をし、ジヤナ・ダントニオを追い詰めるがジヤナはこれが私の生き方だからとジョンに殺される前に自殺する。ジョンは来る死ぬ前にとジヤナを銃で殺してあげる。

 

サンティーノとの約束を守ったジョンだったが、サンティーノから電話で姉の復讐をしなくてはならないと告げられてしまう。
まだサンティーノが話しているがすぐに電話を切ったジョン。
サンティーノはジョンとの契約で使ったメダルを無効にされ(血の拇印でマークを付ける)、あれ?俺やばい?と焦り、ニューヨークの全ての殺し屋にジョン・ウィック暗殺の依頼をする。

 

サンティーノはジョンに700万ドルの懸賞金をかけ、懸賞金目当ての相撲取りの殺し屋などがジョンの命を狙うが、ジョンは彼らを返り討ちにする。

 

映画ジョン・ウィック チャプター2の結末

サンティーノにはホテル・コンチネンタルに逃げられるがジョンはホテル・コンチネンタルのラウンジで、それもオーナー ウィンストンの目の前でサンティーノを撃ち殺してしまう。(ホテル・コンチネンタル内では殺人はNG)

 

そのまま預けていた犬を連れて燃やされた家に帰ったジョンだったが、そこにコンチネンタルのマネージャーが現れ、ジョンと愛犬はウィンストンのもとに連れて行かれる。
コンチネンタルのルールを破ったジョンは粛清されると思われたが、ウィストンの温情でその場での粛清は行われなかった。
さらに追放は1時間のみ

 

ジョンはウィストンに感謝しながら、誰であろうと俺の前に現れたら必ず殺すと伝えてくださいと言い愛犬と一緒に去っていく。

 

ジョンが1時間会員資格を失ったことすぐに殺し屋たちに通達されるが、誰もジョンを殺そうとはしなかった。

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ