Sponsored Links

22年目の告白 -私が殺人犯です-

映画 22年目の告白 -私が殺人犯です- ネタバレ

感想

 

キャストから大体真相が想像できてしまうので、真相が明らかになっていくドキドキ感は少なかったです。

あと内容がキツめなので残酷な殺人が苦手な人だと見ていてツライかもしれません。被害者遺族の悲痛も伝わってくるので・・・
ただ、昨今の犯罪に対する報道姿勢だとかブームのように騒ぐ事に対して考えるきっかけになりうる部分もありました。

藤原竜也さんの藤原竜也っぽい演技を期待している人は、比較的冷静な役なので期待しないほうがいいと思います。
エンドクレジット中に事件があるので注意

 

22年目の告白 -私が殺人犯です- ネタバレあらすじ

 

阪神淡路大震災の1995年に東京都で発生した連続絞殺事件、最初の被害者が出てから22年が経った2017年に時効で逃げ延びた犯人が事件の手記を発表し公の場に顔を出して現れた。

 

犯人を名乗る曽根崎雅人(藤原竜也)は容姿端麗で多くのファンを生み、会見場で愚鈍などの言葉を使いマスコミを煽り、犯行において第1のルールロープを使い後ろから殺す。第2のルールそれを最も近い存在の人間1人の目の前で行う2つのルールを発表し知的な頭脳犯としてもファンを生み、手記は大ヒットする。

Sponsored Links
  

ブームのようなモノが出来上がるが、注目が高まったことでマスコミが当時の被害者遺族に連日押し寄せ被害者遺族は苦しむ。
顔を晒したことで被害者遺族の一人で被害者の息子戸田丈(早乙女太一)から拳銃で命を狙われるが、連続絞殺事件の捜査を担当し犯人と格闘の末に取り逃がしていた刑事牧村航(伊藤英明)が曽根崎雅人を守る。

 

牧村は犯人の右肩を撃ったことで恨みを買い、命を狙われたが先輩刑事が身代わりになった過去がある。

 

曽根崎雅人が話題になったことで人気フリージャーナリストの仙堂俊雄(仲村トオル)が自身のテレビ番組に曽根崎雅人を出演させることになる。

 

だが、この番組で仙堂俊雄は曽根崎雅人が偽物の犯人なのではないかと疑問をぶつける。
仙堂は戦場ジャーナリストとして活躍後、帰国しこの連続絞殺事件を取材していた、その上で仙堂俊雄は書記を読んで疑問に思ったのは、書記では牧村刑事の妹のことに触れていない。
さらに真犯人を名乗る人物がネット上に牧村刑事の家が爆破された時の映像を公開した。この映像には牧村刑事の妹と見られる女性が拘束されているシーンも映っていた。
曽根崎雅人は今の時代動画なんていくらでも作れるとはぐらかす。

 

牧村刑事の妹牧村里香(石橋杏奈)は阪神淡路大震災で心を病み、住むところを失ったので恋人の小野寺拓巳(野村周平)と一緒に兄の牧村の家に同居していた。

 

牧村の家が爆破される前に拓巳からプロポーズされていたが事件後行方不明になっていた。
近くのビルの屋上で婚約指輪だけが残されていたのを拓巳が発見し、拓巳は絶望しビルから飛び降り自殺を図った。

 

その後、番組に真犯人を名乗る人物から曽根崎雅人、牧村と一緒なら出演すると連絡があり、仙堂の番組で3人が共演することになる。
そして、真犯人がこの間の動画の続きだとDVDを渡し、そこには牧村里香が絞殺されている映像が入っていた。

この映像を見て涙する牧村。仙堂は言葉がありません。とコメントする。
曽根崎雅人は仙堂の万年筆を奪い真犯人を名乗る人物に襲いかかる。

 

22年目の告白 -私が殺人犯です- 結末

 

混乱する現場で曽根崎雅人は"俺は殺された牧村里香の婚約者小野寺拓巳だ。"と言い、
牧村刑事は"あの手記は俺が書いた。"と言い出す。

 

小野寺拓巳と牧村刑事は共謀し、犯人のフリをして世間の注目を浴びれば顕示欲の強い真犯人は絶対に近づいてくるはずだと犯人をおびき出すために偽物の犯人になりすまし世間を騒がせていた。

 

しかし、番組に出演していた真犯人は"俺は闇サイトで雇われた真犯人の偽物だ"と言い出し落胆する小野寺拓巳と牧村・・・

 

それでも諦めずに妹が殺された時の映像から何かを探し出そうとする牧村。

曽根崎雅人こと小野寺拓巳は番組出演時の事を思い出し何かに気づき、番組の司会者仙堂俊雄の別荘に向かう。

 

22年目の告白 -私が殺人犯です- 真犯人

 

仙堂俊雄(仲村トオル)の別荘で一連の絞殺事件の犯行記録映像を見つけた曽根崎雅人(藤原竜也)

曽根崎雅人は番組内で仙堂がやたら強く自分を否定していたこと、牧村里香が婚約を機に震災のショックから立ち直ろうとしていたのは自分と牧村刑事と里香を殺したときに婚約指輪を外した犯人しか知らないのに知っていたこと、愛用の万年筆を奪われやすいように差し出していた事に疑いを持った。

 

仙堂俊雄は戦場ジャーナリストとして活動したときに仲の良かった他国のジャーナリストと一緒に反政府勢力に捕まり、目の前で絞殺を見せられるという経験をしたことから帰国後に同様の犯行を犯してしまっていた。

そんな仙堂を曽根崎雅人は殺そうとするが、牧村刑事が現場に訪れ、仙堂は罪に問えるからやめろと曽根崎を止める。

妹が殺されたときの動画にライトアップされた東京タワーが消えるシーンが映っており、その事から仙堂が妹を殺したのは時効撤廃が適用された前日ではなく、当日だったことがわかったので、妹の殺害事件は罪に問えると牧村を説得した。

 

曽根崎雅人も仙堂を法で裁く道を選ぶが、仙堂の弁護士は心神喪失を訴え、仙堂は精神病院に入院することになった。
仙堂は俺も手記を書こうと言い出し手記を発売する。

 

最後は主演のエンドロール後に精神病院内で仙堂が戸田丈(早乙女太一)に殺される。

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ