Sponsored Links

発症後98%

世界のなんだコレ!?ミステリーで紹介された致死率98%の殺人アメーバ

 

感染すると激しい倦怠感、頭痛、高熱、吐き気が出てきて、意識障害を起こす。

アメーバは髄液の中に侵入し、脳の中の細胞をエサにしながら血管に沿って広がっていき、最終的に脳を食われ死亡する。
脳細胞を餌にする
脳を食い散らかす

 

殺人アメーバの感染経路

 

鼻の中にある神経がむき出しになっている嗅神経というところに感染し、そこを伝わって脳に達すると考えられている。嗅神経に感染されたら約1週間で脳にまで達する。
消毒されていない淡水中にいるアメーバを鼻から強い勢いで大量に吸い込みことで感染する。
鼻から侵入
脳に達する
脳に侵入するまで1週間
殺人アメーバの感染経路

Sponsored Links
  

殺人アメーバの生息地

25℃以上の暖かい水を好み、川、湖、沼などの淡水中に普通に生息している。
日本にも殺人アメーバは存在し感染した症例がある。
温かい水
淡水中に存在

 

アメリカで恐怖として知られているが日本では知られていない理由

日本では殺人アメーバが認知されていないので病院を特定しないまま処理されていることが考えられる。
日本では感染しても

 

殺人アメーバから身を守るには?

殺人アメーバが髄膜に入ると首が固くなり上下を向こうとすると強い痛みを発するので、水遊びをしその後高熱が出た場合は首を上下し強い痛みがないか確認し早期に原因を特定する。
首上下に動かすと痛い
早期に治療を行えば助かる可能性が出る。が致死率が高いことに変わりはないので、なるべく感染予防をする。

殺人アメーバの感染予防

川や湖などの淡水・消毒されていない温水を大量に鼻から吸い込まないようにすること。
殺人アメーバの感染予防

 

致死率98%の殺人アメーバ

殺人アメーバ
大きさ0.03ミリ程度

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ