Sponsored Links

映画謎解きはディナーのあとでネタバレ

映画 謎解きはディナーのあとでのネタバレあらすじと感想

 

ざっくりとしたネタバレあらすじ

 

麗子の名前が入った豪華客船プリンセス・レイコ号に宝生麗子(北川景子)執事の影山(櫻井翔)、麗子が船に乗る時は必ず持って行くという宝石セイレーンの涙が乗船する。
この情報を得た、世界的大泥棒ファントム・ソロスもプリンセス・レイコ号に乗船する。

 

ソロスは18年前にもセイレーンの涙を盗もうとして失敗し、麗子に助けて貰ったという借りがあった。

 

豪華客船プリンセス・レイコ号ではファントム・ソロスを名乗る犯人が世界的投資家レイモンド・ヨー(団時朗)と船内コックの石川天明(要潤)を殺し、セイレーンの涙を奪う事件が起きた。

Sponsored Links
  

 

豪華客船内殺人事件の真犯人

 

真犯人はファントム・ソロスではなく、客室支配人の藤堂卓也(中村雅俊)
藤堂はかつてレイモンド・ヨーに騙され潰されたリー財閥の執事でセイレーンの涙の前所有者はリー家だったので、リー家の復讐と宝石を取り返そうとしていた。
石川天明は、セイレーンの涙を狙い、そのために客室支配人の藤堂の娘 藤堂凛子(桜庭ななみ)に近づいた事が藤堂にバレて殺された。

藤堂凛子は藤堂の実の娘ではなく、リー家の令嬢で最後は藤堂にリンメイ様と呼ばれる。

 

ファントム・ソロスの正体

 

事件解決後に本物のファントム・ソロスがセイレーンの涙を盗み、18年前に麗子から渡されたハンカチと入れ替えるが、ファントム・ソロスの正体が熊沢美穂(宮沢りえ)だと気づいた影山がセイレーンの涙を取り返す。

 

Sponsored Links

 

映画 謎解きはディナーのあとで ネタバレあらすじ

 

シンガポールの高級ホテルRAFFLES HOTELに宿泊していた謎の女性はホテルのベルボーイから"あの娘が船に乗船する"という情報を入手する。

 

宝生麗子(北川景子)は横浜からの出航時間に遅刻してヘリで豪華客船に向かう(麗子はヘリが苦手)

執事影山(櫻井翔)"まったく・・・乗り遅れた船にヘリで追いついてしまわれるとは、そんなことができるのはお嬢様くらいのものでございますよ"と皮肉を言われる。

 

ヘリで航海中の船に追いついた麗子は船内で船長海原真之介(鹿賀丈史)に話しかけられる。
二人は18年来の再会で、この豪華客船スーパースター・ヴァーゴ(別名プリンセス・レイコ号)は麗子の父親がシンガポールで海運業に乗り出したときに最初に建造された船。

船長と話していると客室支配人の藤堂卓也(中村雅俊)も現れる。

 

プリンセス・レイコ号はこの航海が最後になる。

 

麗子は久しぶりのプリンセス・レイコ号でのクルーズに"プールでカクテル飲んで。エステにネイルにショッピング、夜はショーを見ながらディナー。そして、あの映画みたいにレオ様的なメンズと出会って・・・なんてことになったりして"と妄想をふくらませる。

影山に見透かされ、"ふだんの脳天気な顔に輪をかけて締りのない顔をされていますが、大丈夫ですか?"と言われてしまう・・・

 

しかし、偶然上司の風祭警部(椎名桔平)もこの豪華客船に乗船してしまっていた。

 

風祭警部はKライオンを守るために乗船した。
Kライオンとは、国立ライオン(通称Kライオン)のことで国立市の有名芸術家が手がけた作品で、友好のシンボルとしてシンガポールに贈られる翼の生えたライオンの像のこと。

 

プリンセス・レイコ号に国際的に有名な窃盗犯が乗るという情報をインターポールから得ていた風祭警部はKライオンを守るために乗船していた。しかし風祭警部はKライオンにもたれ掛かりKライオンの片翼を折ってしまう。

 

検挙率No1の風祭警部が護衛していることをしった窃盗犯の兄弟(竹中直人、大倉孝二)は、一流泥棒の仲間入りをするために風祭警部の守るKライオンを盗もうとやる気を出してしまう。

 

麗子の部屋には麗子が船に乗る時は必ず持って行くというセイレーンの涙をKライオンを警備しているのと同じセキュリティー・システムの中に納める。

 

その夜、藤堂の娘の藤堂凛子(桜庭ななみ)の歌唱が行われている時に男レイモンド・ヨー(団時朗)が銃で撃たれる殺人事件が起きてしまう。
レイモンド・ヨーはシンガポールの投資家で世界の富豪トップ100に名を連ねる資産家。

 

さらに海にレイモンド・ヨーが落ちるところを多くの人が目撃し、船は救助のために緊急停止し、電力の供給がストップし一時的にセキュリティー・システムが停止してしまった。

 

銃で撃たれ、海に捨てられたのに何故か救命胴衣を着けていた死体に疑問を持つ麗子たち。

 

船長は殺人事件が起きたことで近くの港に寄港しようと提案するが、Kライオンの翼を追ってしまったことを隠したい風祭警部が寄港阻止の説得を行い、さらに「このまま定刻通りシンガポールを目指し、寄港と同時に乗員乗客全員を即時開放せよ。それまでは外部との連絡一切禁止、ルールを破れば新たな犠牲者が出る。」という犯人からの警告と思われるFAXも見つかり、このまま7日間シンガポールまでの航海をすることになった。

 

捜査を始める麗子たち、影山はシャーロック・ホームズのコスプレで捜査を楽しむ。が調子に乗りすぎて捜査から外されてしまう。

 

しかし、連日の捜査でもまったく真相が見えない麗子は結局影山に泣きつくが、影山も今回の事件、現段階ではなったくわかりません。証拠が揃わなければ謎の解きようがございません。今回の事件の犯人はかなりのキレ者かと。と返す。

麗子は、影山でも事件の真相が見えず、船旅が台無しになりそうでショックを受ける・・・

 

次の日、凛子の恋人で船内の料理人石川天明(要潤)が行方不明になり、全裸で土下座した状態で遺体が見つかる。

さらに支配人藤堂が何者かに薬を盛られ、倒れてしまう事件も起こる。藤堂が盛られた薬はは強心剤
倒れた支配人を見て、これ以上警察に隠せないと思った船長はレイモンド・ヨーが殺されたときに目撃された長髪でステッキを持った男はファントム・ソロスかもしれない事を話す。

 

ファントム・ソロスは世界一の怪盗で、18年前にもプリンセス・レイコ号に乗っていたと言われていて、近年ではアムステルダムでフェルメールの名画、マドリードでブラッド・オパール、ニューヨークでソロモン王の聖杯を盗み出している。誰もがその名前を知っているが、誰もその素顔を知らない謎の怪盗。
イメージでは長髪でステッキを持ちVフォー・ヴェンデッタのようなマスクを着けている。

 

ソロスのことを知らなかった麗子だったが、ソロスの話をみんなから聞いて18年前に盗みに失敗して腕を怪我したソロスをこの船で助けたことを思い出した。

 

さらに犯人から「宝生麗子を誘拐した。22時までに現金100万ドルをヘリポートに置け。それまでは近づくな、命令に背けば人質の命はない。」とファントム・ソロスの名でFAXが届いた。

 

影山は現金100万ドルを用意するために船内にいたギャンブ好きのボンボン京極(生瀬勝久)とポーカー勝負をするが、破れてしまう・・・
しかし、謎のギャンブル好きな女熊沢美穂(宮沢りえ)が影山がお尻で女の腕を押したことでバカ勝ちしたからとチップを分けてくれ、再勝負し、クイーンのフォーカードで勝利する。

負けた京極は会社の金を賭けていた・・・

 

現金100万ドルを用意した影山は麗子が監禁されている場所に救出に向かうがそこにはタイマー爆弾が仕掛けられていて、爆弾の解体に失敗した影山は、"お嬢さまに仕えさせて頂き幸せでした。"言い、麗子に抱きつくように庇おうとするが、爆弾は偽物だった。

 

麗子が監禁されていた場所は救護艇の中で二人が救護艇に入っている間に、救護艇はプリンセス・レイコ号から流されてしまい無人島に漂着する二人。

ファントム・ソロスからの指示で救護を禁止されていたため船長は二人を助けなかった。

 

漂着した無人島で麗子は身を挺して守ってくれた影山に優しくするが、影山はソロスが姿を見た人間を殺そうとしているという推理に対し、"お嬢さまの脳みそは難破船でございますか?座礁して機能を失っておいでかと・・・その鈍さにこそSOS・・・救助が必要でございます。"と言い放つ!!

 

麗子はちょっぴりキュンとなってた自分がこの上なく恥ずかしいと冷め、クビクビクビ~と怒り狂う。

 

事件の真相は少し複雑なので無人島スペシャルディナーの後にしましょうと提案する影山。

 

豪華客船プリンセス・レイコ号で起きた事件の真相

 

映画 謎解きはディナーのあとで DVDプレミアム・エディション

ファントム・ソロスが起こした事件ではなく、真犯人はファントム・ソロスの名前を語っていただけ。
麗子の命などどうでもよく、狙いはセイレーンの涙だった。

セイレーンの涙とは、セイレーンズ・ティアドロップと呼ばれる世界最大級のブルーダイヤモンドの原石で価値は50億円ともいわれる宝石で、もともとは大航海時代に海賊たちに争われていた秘宝。

所有者に富をもたらし、持っていれば海難事故に遭わないとの言い伝えもあることから時の権力者がこぞっと求めていた。

 

何故レイモンド・ヨーの遺体に救命胴衣を着せたのか?

 

救助してほしかったから。

船は救助活動をするときにスクリューに巻き込まれるのを防ぐためにエンジンを停止する。船のエンジンは電力供給も行っているのでエンジンを停止すると船内の電力供給も停止する。
犯人はセキュリティー・システムで守られているセイレーンの涙を盗むためにこの停電時を狙っていた。

 

しかし犯人はセイレーンの涙を盗み出すことに失敗する。

 

停電時に麗子の部屋に侵入しようとした犯人だったが、長髪でステッキを持った男マイケル・クワンに見つかり、さらにそのマイケル・クワンをセイレーンの涙を心配した影山が見てしまい、犯人とマイケル・クワンはその場を立ち去り犯行を中止した。

犯人を見てしまったマイケル・クワンの正体が石川天明だったため犯人は石川天明を殺してしまった。

 

石川天明がなぜ変装していたのか?

 

石川天明もセイレーンの涙を狙っていたから。船内に侵入した国際的な窃盗犯は石川天明だった。

 

石川天明の遺体が土下座していた理由

 

石川天明は麗子の止まっている部屋の真下の部屋をマイケル・クワンとして予約しており、その部屋からセイレーンの涙の置いてある場所の天井を爆弾でぶち抜き宝石を奪おうとしていた。
その計画を実行するために爆薬の仕掛け場所に穴を開けていたが、天明を殺した犯人のセイレーンの涙を狙っていたので、天明がセイレーンの涙を狙っていたのがバレてセキュリティーが厳しくなるのを恐れ穴を塞ごうとしたが、天明の部屋の椅子が壊れて足場がなく、天命の遺体に土下座させて足場にした。

影山曰く"人間を踏み台にするうえで最も効果的な姿勢が土下座でございます。"

 

謎解きをしている途中で麗子に仕掛けられたGPSがおかしいことに気づき、ヘリが救助に来て謎解きは一時中断。

 

プリンセス・レイコ号に戻った二人は謎解きを再開させる。

 

豪華客船プリンセス・レイコ号で起きた事件の犯人

 

セイレーンの涙を盗みレイモンド・ヨー、石川天明を殺したのは客室支配人の藤堂卓也(中村雅俊)

 

セイレーンの涙を守るためのセキュリティーシステムのパスワード"0153(麗子さん)"は藤堂にバレて既に盗まれていた。

藤堂はレイモンド・ヨーに潰された世界の海を制したリー財閥の執事だった男で、凛子はリー財閥の令嬢だった。藤堂が娘凛子の前に立つことがなかったことが同じ執事の影山には執事の姿に見えていた。

 

最後の航海にセイレーン涙、レイモンド・ヨーが来ると言うことで奇跡を感じていた藤堂は、セイレーンの涙を取り戻し、レイモンド・ヨーを殺そうと計画していた。

石川天明を殺したのは天明が凛子が好きで付き合っていたわけでなく、藤堂が持っている客室のマスターキーが欲しかったと言われ、お嬢さまを騙し、リー家の家宝まで盗もうとしている男が許せなかったから。

 

この話しを影で聞いていた凛子は"お父さんとずっと一緒に居られたらそれで良かった!!"というが、藤堂は"リンメイ様、全ては藤堂の責任でございます。申し訳ございませんでした。"と泣きながら頭を下げる。

シンガポールに着いたときに現地警察に引き渡される藤堂だったが、去り際に凛子が茉莉花を歌ってくれ、凛子との過去を思い出し去っていく藤堂。

 

事件が解決して部屋に戻ると再び何者かにセイレーンの涙が奪われていた。
セイレーンの涙があった場所には18年前に麗子がソロスを助けたときのハンカチが残されていた。

影山は怪盗ファントム・ソロスの正体が船内にいたギャンブル好きの女だろうと推理していて、この盗難でソロスの正体に確信を持った。

 

怪盗ファントム・ソロスは狙った獲物を絶対に逃さない。18年前にセイレーンの涙の逃したソロスは再びプリンセス・レイコ号でセイレーンの涙を盗もうとした。さらに借りていたハンカチも返そうとした。

影山は、ポーカー勝負のときに鳴った警報音でこの女だけが麗子の部屋の方角を見ていたことに気づき、この警報音が18年前にセイレーンの涙を狙われた時にしか鳴っていなかったことから、この音=セイレーンの涙が狙われたと連想できるのはソロス以外にいないと仮説を立て、ソロスの確実な正体を知るために泳がせていた。

 

熊沢美穂がソロスだと確信した影山は熊沢美穂が下船前に風祭警部の"KK69"と書かれたハンカチを拾った事から"KK69"と書かれたハンカチがある所にソロスはいると考え、"KK69"と書かれたハンカチがクリーニングに出されたホテルの情報を得てソロスの滞在先のホテルを割り出し、セイレーンの涙を見事にソロスから取り戻す。

 

影山がセイレーンの涙を取り戻してきたことでソロスの正体がわかったの?会ってきたの?と聞く麗子だったが、影山は麗子を無視。キレた麗子は"教えないんだったらクビよクビ!絶対クビ!クビクビクビ~"とシンガポールで絶叫して終わり。

 

映画 謎解きはディナーのあとで 感想

 

バーテンダー役で中野美奈子、ディーラー役でダイヤモンド☆ユカイなどちょい役にも有名なタレントを起用していてキャストが非常に豪華。

ドラマ版同様の麗子と影山のやり取りもあり面白かったです。
登場人物がこれ、あの人じゃない?と実際にニュースなどで報じられた実在する人物っぽい感じになっているのも面白かったです。

土下座が人間を踏み台にするうえで最も効果的な姿勢だと言うのも面白かった!!

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ