Sponsored Links

あとぴん

相棒シーズン15の第9話 あとぴん~角田課長の告白の感想

恩師にあだ名で呼びあった学生時代の友人と胸が熱くなる内容でしたが、不正によって作られた写真がコンクールで賞を受賞したとか少し悲しい気持ちにもなる回でした・・・

 

Sponsored Links
  

相棒15 第9話 あとぴん~角田課長の告白のストーリー

鈍器で殴られて倒れ、石に頭をぶつけて死亡した光田廣(樋渡真司)、光田廣は角田課長(山西惇)の中学時代の友人であとぴん(中学時代の美術教師のあだ名)の娘と結婚した天文が大好きでテンモンと呼ばれいたが20年前に姿を消していた。

 

角田はこの歳になると仲間が一人いなくなるのは寂しい、何でテンモンは死んだんだ?と杉下右京(水谷豊)に尋ねる。

 

角田の思いを聞いた右京、冠城亘(反町隆史)の二人の特命係はテンモン死亡事件の捜査に首を突っ込む。

 

光田はガラの悪い男と揉めて乱暴されていたが、ガラの悪い男よりも光田のほうが怖かったという話しを聞く。
カメラを憎んでいるようなカメラに向けた異常な憎悪を感じたと・・・光田は写真が撮りたいけど写真を撮られるとパニックを起こしてしまうになっていた。

 

光田がパニックになってしまうのには理由があり、光田は34年前の写真コンコールで近所の火事現場の写真をとって賞を受賞したが、この写真がきっかけで火事が保険金目当ての自演放火による事件だったことが明るみになり、保険金目当てで火事を起こしてしまった中学の先輩の家族を崩壊させてしまったことで写真、カメラを憎むようになってしまった。

 

この時家庭崩壊したのが、光田と揉めていたガラの悪い男仁藤景雄(相島一之)

 

仁藤は犯行を自供するが、右京は銀塩カメラのフィルムが残されていたがカメラが存在しなかった。誰かがカメラを持ち帰ったはずでそれは仁藤ではない。それなのに仁藤は何故犯行を自供しているのか?と疑問に思う。

 

消えた銀塩カメラの行方を捜査している時に、光田は銀塩カメラを手に入れるのに仁藤に頼んで中学時代の同級生のカメラ屋に注文していたことがわかる。

 

仁藤は光田が殺された時間にスロットをやっていたことがわかるが、それでも誰かを庇うように自分がやったと言い張る。

 

あとぴんとテンモンの全てを知る人物は一人しかいない、犯行を否認していた仁藤が角田からあとぴんが倒れたことを聞いてから自供し始めたことから、あとぴんに絶対に知られてはいけない人物のあとぴんの娘、光田窓夏が犯人だろうと右京は推理する。

 

仁藤から光田が見つかったこと、再び写真を撮っている。許さなくてもいい、でもまた写真を撮り始めたあいつを見てやってほしいと仁藤から頼まれた窓夏は殺害現場に行ったが、写真を撮っている光田を見て、光田は遠からず自分からきっと姿を見せてくれるはずと何も言わずその場を去っていた。

 

仁藤はあの火事は親父ではなく、俺が家族のためにやったこと。そのせいで家族は崩壊し、光田の写真が原因ではなかったのに光田から写真を奪ってしまったことを後悔していた。それで光田にカメラをあげ、窓夏の仲を取り持とうした。再開した二人が喧嘩して殺してしまった勘違いしていた仁藤は窓夏を庇おうと嘘の自供をしていた。

 

相棒15 第9話 あとぴん~角田課長の告白の犯人

結局、光田のカメラに対する異常な執着に恐怖を感じたと証言していたカフェのマスターが犯人

店の経営や不動産投資に失敗した穴埋めに個人情報を売っていたカフェのマスターは偶然写真を撮っていた光田に出くわし殺害してしまった。

角田課長の告白

テンモンが賞を受賞した写真には炎を迫力を出すために合成した跡が見つかり、その事をあとぴんは気づいていてその事で賞を辞退するように言われていたのではないか?写真を撮りたくても撮れなくなったのは合成写真で先輩の家族を崩壊させてしまった自責の念からではないのか?その事を角田課長は知っていたのではないか?と聞く右京だったが、角田はあとぴんと同じで普通はそこにピント合わないよ答え特命係の部屋を去っていく・・・

 

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ