Sponsored Links

映画HERO

フジテレビ系連続ドラマHERO(ヒーロー)の映画版第2弾で2015年に劇場公開された邦画HEROのネタバレあらすじと感想

面白かった!!ダンプに轢かれても打撲で済んだ所は少しビックリしましたが、ドラマ版でありそうなシーンも多く、木村拓哉と松たか子のやり取り、北川景子の空気をあまり読まない所もあり面白かったです。

特に松たか子の"あの薄汚い黄色いダウンもまだ着てらっしゃったりしてアハハッ!"と言うセリフは面白かったです。

ラストシーンのネウストリア公国の町中で普通にペタンクが行われているのも良かったと思います。

Sponsored Links
  

ざっくりとしたネタバレ

 

久利生公平検事(木村拓哉)が担当することになった交通事故の被害者三城紗江子(森カンナ)が、雨宮舞子検事(松たか子)が担当する事件の証言者だった。

そこで二人は一緒に捜査する事になったが、この事件に1日7本のソーセージを食べ、ペタンクというスポーツが大好きなネウストリア公国の大使館が絡んでいる疑いが出てきて、ネウストリア大使館員が違法薬物の密輸をしていることを明らかにしてしまった。

違法薬物の密輸を知ってしまった三城紗江子はネウストリア大使館員に襲われ、逃げいている所にドライブが趣味だった徳本健也(新井浩文)が通りがかり轢いてしまった。

 

ざっくりとした結末

ネウストリア大使館員から逃げて飛び出した所を轢いたしまった事が明らかになり徳本は不起訴になる。

お見合い相手の矢口繁之(アンジャッシュ 児嶋一哉)からプロポーズをされていた雨宮は久利生が大好きで久利生のような検事の道を歩みたいと結婚を断る。

久利生と久利生とコンビを組む事務官の麻木千佳(北川景子)は事件の事を直接聞きたいとネウストリア公国まで行く。

 

映画HERO(2015年)のネタバレあらすじ

 

雷鳴轟く夜、東京都港区元麻布で何者かから逃げる三城紗江子(森カンナ)が車に轢かれる事件が起きた。

 

この事件を担当することになった久利生公平検事(木村拓哉)だったが、被害者の三城紗江子は雨宮舞子検事(松たか子)が担当する事件の証言者だった。

雨宮舞子が担当していた事件は、暴力団二崎会の恐喝事件で、三城紗江子は二崎会と地上げ屋がゴルフコンペのパーティーで恐喝の相談をしていた所に居合わせてしまったので事件の恐喝事件の真相を知っていた。

 

三城紗江子は、現在大阪地方検察庁難波支部で雨宮舞子検事(松たか子)が担当している広域暴力団二崎会の恐喝事件の証言者だった事から、偶然の交通事故ではないと考え雨宮はすぐに東京に向かうことにした。が、部長からこの事件が城西支部の久利生公平が担当している事を聞き、やっぱり別の検事にお願いしてもらえませんか?私はできません!と拒否する。

 

結局難波支部事務官の一ノ瀬隆史(大倉孝二)と一緒に城西支部を訪れることに・・・

 

城西支部ではすでに三城紗江子を轢いた運転手徳本健也(新井浩文)の聴取を久利生検事と事務官の麻木千佳(北川景子)が行っていた。久利生は元気のない徳本にスッポンドリンクを渡し麻木に被疑者に物品を渡すのは利益誘導です!と怒られる。

 

現場に靴が残されていなかったことから、久利生は三城さんはどうして靴を履いてなかったんですかね?と徳本に尋ねるが、徳本はそんなこと僕に聞かれてもわかりません。と答える。
久利生は現場に靴がないことに疑問を抱く。


そんな中、お土産の大阪新名物たこタコスを携えた雨宮と一ノ瀬が城西支部に到着した。
そこに偶然調書が終わった田村雅史(杉本哲太)遠藤賢司(八嶋智人)井戸秀二(正名僕蔵)馬場礼子(吉田羊)宇野大介(濱田岳)末次隆之(小日向文世)、川尻健三郎(松重豊)が集まり、昔からの顔なじみ遠藤、井戸、末次の3人には検事になりました。お久しぶりです。と挨拶し、初対面の田村、馬場、川尻、宇野には初めまして大阪地検難波支部の雨宮舞子と申します。と挨拶する。

 

そこに交通事故の件ということを聞いた麻木も登場し、麻木が久利生を呼ぶ。
雨宮に驚く久利生
顔馴染みのメンバーは気まずそうになり、他のメンバーはえ?何この空気といった感じになり、雨宮の方から8年経っても相変わらずジーパンであははっ!あの薄汚い黄色いダウンもまだ着てらっしゃったりしてアハハッ!と毒づき場が凍るがとりあえず全員で笑っとく・・・

 

もしかしたら三城紗江子は口封じのために殺されたのかもしれないということになり、久利生、麻木、雨宮、一ノ瀬の4人で捜査をすることになった。

だが、雨宮側は三城紗江子が口封じのために殺された事を前提に考えていて、久利生とは意見が合わない。
初めから決めつけるな。と言う久利生に私は真実を追求していると反論する雨宮を格好いいと憧れる麻木

 

そんな4人は事件現場の近くにネウストリア公国大使館があることに気づくが、川尻部長に大使館は、ダメだぞ!と電話で念を押される。
久利生、雨宮、一ノ瀬も大使館は無理だよな~と意見が一致したように思われたが、久利生だけは無理っぽいよな~と、とりあえず大使館に向かってしまった。

 

その頃ネウストリア公国大使館内では、外務省欧州局長の松葉圭介(佐藤浩市)とネウストリア公国大使のクレマンス・ヴェルネ(グレッグ・デール)が何かの交渉をしていた。

 

ネウストリア公国大使館は大使館に検事が訪れたことをすぐに抗議し、久利生と雨宮は牛丸豊次席(角野卓造)に呼び出されお前は外交特権を知らんのか!大使館の敷地は日本の捜査権の及ばない場所なの!例え事件の犯人だったとしても逮捕できないの!と怒られてしまう。

 

任意で話しを聞くくらいいいじゃないですかと反論する久利生

 

納得行かない久利生は再びネウストリア公国大使館の前に現れるが、インターホンを押さずに門の前でこれが国境ってわけか・・・とつぶやく

 

その夜、いつものバーSt.George's Tavernで交流を深める城西支部のメンバーと雨宮と一ノ瀬。

事務官から検事なった雨宮に憧れを抱く麻木はそこで雨宮に色々質問をするが、久利生とのことも色々質問して全員に心のなかで"その質問はダメだろ!"と突っ込まれる。

ここで雨宮の結婚の話しになり、雨宮は最近親が貿易会社の経営をしている金持ちでイケメンの弁護士からプロポーズされていることを報告する。お相手は矢口繁之(アンジャッシュ 児嶋一哉)

そして、久利生、川尻部長、麻木、雨宮以外のメンバーがテレビ通販で紹介している商品を一斉に電話注文し始める。

 

久利生は何とか大使館に近づかないで国境を超えて捜査する方法はないかと考え、国境を超えるものは愛、歌、あとは食べ物!という麻木の意見で、ネウストリア料理の店で捜査すればいいと思い付き、すぐにネウストリア料理の店ってあんのかな?と調べようとする。
するとマスター(田中要次)からあるよと言われ、ネウストリア料理の店を紹介してもらう。

 

そのネウストリア料理のお店でネウストリア人は特大のソーセージを1日7本食べることとペタンクが大好きだという情報を入手した久利生と麻木だったが、これ以上の捜査の進展は望めないと判断した難波支部の二人は大阪に帰ることになり、久利生と麻木の二人でこの事件の捜査をすることになった。

 

ペタンクとはフランス発祥の球技で、コート上に描いたサークルを起点としてビュットと呼ばれる的に金属製のブールを投げ合って相手より近づけることで得点を競うスポーツで3人一組で行う。

 

さっそく一緒にペタンクやろうと宇野を誘うが、宇野は何だかわからないけど嫌な予感だけはする。と拒否しようとするも麻木の笑顔に釣られうん。と返事してしまった。

 

そして、ネウストリア料理のお店で知り合った大使館の人たちとペタンクで交流を深めていくことに成功するし、事件夜に開かれていたパーティーで三城紗江子と一緒の写真に写っていたのがエリック・コールマン(エリック・ヘルマン)だったことが判明する。

しかし、3人が検察の人間でその事を黙って大使館員に近づいたことに大使館員たちは怒る。
宇野は状況が飲み込めないで混乱する。

 

翌日の朝、久利生は信号待ちをしていた時に何者かに後ろから押され殺されそうになる。

 

さらに外務省欧州局長の松葉圭介に呼び出され、君の行動は日本の国益を損ねている。今すぐ違法な捜査はやめなさいと注意される。

久利生は違法?俺はただ交通事故のことだけ調べてるんですけど・・・と反論するが本当にふざけた男だな君は。ネウストリアとの貿易交渉が今重大な局面を迎えている。たかが交通事故でこの国の外交を邪魔するなと一蹴されるてしまった。

 

その夜、屋台でおでんを食べる久利生と麻木、麻木は久利生に雨宮のことを質問するが、久利生は麻木が雨宮と自分を比べていることに気づき、自分と雨宮を比べるな。今はお前が俺のパートナーなんだからと言ってあげる。
この言葉に動揺する麻木

そこにダンプが突っ込んできてはねられてしまった久利生・・・

 

久利生はキムタクだったので打撲だけですんだ。

 

久利生がダンプにはねられた知らせを聞き、引き返してきた雨宮と城西支部のメンバーが集まり、久利生のここでやめたらあの夜何があったのかなんにも分かんないまま終わるんだぞ。俺たち検察が諦めるわけいかねぇだろという言葉を聞き、全員がこの事件の捜査に協力する。

 

検察側は二崎会とネウストリア大使のコールマンが繋がっていて、三城紗江子を事故に合わせたのは二崎会から依頼されたコールマンで、久利生を襲ったのはコールマンから依頼された二崎会ではないか?と考え始める。

 

ネウストリア公国の公用語のフランス語が話せる二崎会の赤崎を調査すると、コールマンではない外国人(ヴェルネ)と赤崎が何かの取引しているところに出くわし、さらに三城紗江子が事故の2分前に助けてほしいという留守電を友人に残していたこと、コールマンとダンプの運転手が知り合いだったこともわかった。

 

しかし証拠がない・・・
そこで雨宮が婚約者の親の貿易会社のコネを利用して毎年大使館で開かれている独立記念パーティーの参加状を手に入れる。
事件の流れ

 

パーティに潜入して大使館内で証拠を探す久利生と雨宮だったが、大使館員に見つかってしまい個室に閉じ込められてしまう。
その個室に赤崎と取引していたヴェルネが訪れ外交特権を無視した行為だと二人に怒る。が、そこにさらにジャック・ローラン大使(ジェームズ・C・バーンズ)が現れるが、ローランは二人を帰す。

 

二人は帰り際に松葉に会い松葉にも怒られる。

その時に大使館内で流れていたオルゴールの音が、三城紗江子が友人に残した留守電の中で流れていたオルゴールの音だということに気づいた二人だったが、正式に外務省から法務省に抗議がきてしまった・・・

 

それでも堪えない久利生は、検事たちが集めた証拠を松葉に見せ、ヴェルネが違法薬物の密輸を行っている疑惑がある。大使館の扉を開けてくれとお願いする。
松葉はこの程度の証拠では動けないと拒否するが、三城紗江子が友人に残した留守電の中で流れていたオルゴールの音を聞かされた松葉は、ヴェルネは公使でネウストリア大使館のナンバー2であること、コールマンは外務省の外交官パスをもっていないので違法薬物の密輸は出来ないことからヴェルネが密輸を行っているだろう。
だが、例えヴェルネが密輸を行っていたとしても逮捕できない。ヴェルネは大使館のナンバー2で自分の部下を逮捕させる大使はいないだろうと言う。

 

それに対して久利生はいるかもしれませんよ。結局わかりあえなかった、それでもいいんです。俺はちゃんと会ってしっかり目を見て話したいんです。と言う。

 

そして、松葉がローラン大使にお願いをしネウストリア大使館の扉が開くことに・・・

ローランは大使になる前は大学で法律を教えていた法律家で、ルールというものは守られなければならない。外交特権もルールだ。だからヴェルネ公使は本国に帰す。しかし、ヴェルネはネウストリアの検事によって罪を裁かれ罰を受けることになるだろう。外交特権のないコールマンは日本の捜査当局に引き渡す。あなた方に委ねます。と久利生たちに説明する。

 

交通事故事件の結末

 

コールマンの証言からコールマンから逃げていた三城紗江子が大使館から飛び出していき、そこをたまたま通りがかった徳本健也が轢いてしまった。ということが証明されたため徳本健也は不起訴になった。

 

事件解決後雨宮は他に好きな人がいて、理由はそれだけではなく、検事としてまだ何も出来ていないので結婚は出来ないと結婚を断る電話をかける。

雨宮は東京から去る際に久利生に会え、春に石垣支部に移動することが決まっている。久利生さんが昔飛ばされた石垣支部です。久利生さんと同じ道を歩きます。私。と伝え帰っていく。

 

松葉は無事に貿易交渉を終えローランとネウストリア公国の料理屋で酒を交わす。

 

そして年を越した城西支部では久利生と麻木がヴェルネに会って話しがしたいということでネウストリア公国にいっている話題で盛り上がっていた。

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ