Sponsored Links

マインドフルネスのやり方

10月22日に日本テレビ系で放送された世界一受けたい授業で紹介された瞑想マインドフルネス

 

水泳のマイケル・フェルプスやテニスのノバク・ジョコビッチ、スティーブ・ジョブズなど世界のエリートたちが行っていることで話題の究極の休息法瞑想マインドフルネス
瞑想には脳を休める効果があることが近年科学的に証明され世界的に絶大な人気を誇っている。
日本でも最高の休息法という本が話題になっている。
最高の休息法

 

脳の疲労は現代社会問題ストレスが大きく影響していて、しっかり休んでも疲れが取れない人などは脳の疲労が蓄積している可能性が高く、肉体的に休んでも体のダルさや疲れが取れていない可能性が高い。そして、この脳の疲れを解消する効果があるといわれるのが瞑想マインドフルネス
脳披露

 

Sponsored Links
  

瞑想マインドフルネスの効果

 

短時間で脳がスッキリしてストレスの軽減や集中力のアップ、記憶力のアップ、免疫力のアップ、うつ病の再発防止効果が期待できる。
マインドフルネス効果
記憶力アップ
免疫力アップ
再発防止

 

マインドフルネスのやり方1

 

1.背筋を伸ばしてイスなどに浅く座る。(体を揺らしたり回したりして楽にスッと伸びる姿勢を探す)

2.腕を伸ばすなど体が楽になる姿勢を探しながら呼吸や体の感覚を意識する。

1日10分程度を目安に行う。

マインドフルネスやり方1
マインドフルネス1-2
気持ちよく伸ばす

ポイントは、今この時だけを意識する。
具体的には呼吸を感じる。
意識すること
呼吸を感じ

意識が過去や未来ばかりに向かい考えすぎていることで脳の疲労は発生しやすい。解決しない問題を考えることは脳がムダに活動してしまうので、今だけに意識を向けることで無駄なことを考えず脳疲労を抑える。
過去や未来
脳疲労を抑える

 

マインドフルネスのやり方2

 

悩み事がいっぱいの時に頭を休ませるマインドフルネス

 

1.自分の体の前で軽く手を合わせる。(手と手の温かさに注意を向ける)
マインドフルネスのやり方2
注意を手に向ける

 

2.合わせた手をゆっくり上に伸ばしていく(血の気が引くような感覚を感じる)
マインドフルネスのやり方2-2
血の気が引くか

 

3.手をグゥーと握る。(筋肉が収縮している感覚、指と指が触れている感覚を感じる)
マインドフルネスのやり方2-3
筋肉収縮
指と指

 

4.腕を回しながらおろす。(関節が動いていることを感じる)
マインドフルネスのやり方2-4
関節の動き

 

5.前で手を揃える。
マインドフルネスのやり方2-5

 

動きの中で起きる色んな感覚や動作に注意を向けるのが大切。
感覚や動作

 

10分間1日2回以上行うことで脳の休息に効果的で、朝に瞑想(マインドフルネス)をすると、睡眠では取れなかった疲労が取れる。
マインドフルネス1日
朝十分の瞑想

 

長い期間続けると思いやりや感謝の気持ちが育まれる。という研究結果もある。
思いやり

 

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ