Sponsored Links

冷凍事件

火曜ドラマ ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第2話 冷凍遺体事件の驚愕真相

事件も気味悪いし、事件の背景も個人的には気持ち悪かった。
この手の話しは面白い、面白くないよりも気持ち悪さが勝ってしまうので第2話はあまり楽しめませんでした・・・

 

Sponsored Links
  

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第2話 冷凍遺体事件の驚愕真相 あらすじ

盗難車両として届け出が出ていたトラックがNシステムにひっかかり近くのパトカーでトラックを追跡すると、トラックが停車していた付近で黒いパーカーを被った不審な男と座ったまま凍らされた二人の男の遺体が見つかった。
冷凍事件

 

この事件を捜査することになった捜査一課の厚田班

 

監察医石神から二人は殺されてから凍らされ、かなり親しい血縁者であることが報告される。

 

犯人は自宅で父親と姉と会話をしているが父親と姉もすでに死亡していて氷漬けの状態になっている。

 

厚田班はNシステムでトラックを追跡し、犯人が潜んでいると思われる冷凍設備のあるお店霜川商店を割り出すが、霜川商店は3ヶ月前に閉店しており、それ以来近所の人も霜川家をみていないという。
さらに霜川商店の冷凍庫には凍らされた犯人の父親と姉の遺体が見つかった。【Amazon.co.jp限定】ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 ブルーレイBOX(比奈子捜査メモイラスト入りA4クリアファイル付) [Blu-ray]

 

最初に見つかった二人の男は霜川家の人間で、犯人は霜川家に住んでいるが家族とは認められてない少年だった。

東海林と比奈子は霜川家の父親が昔愛人に買った家の場所にたどり着き二人で乗り込むが、東海林はスタンガンをくらい意識を失ってしまった。
比奈子は一人で犯人の少年と相対すことに・・・

 

少年は"けんじ"と名乗り家族と認めてもらうために2年前に病で倒れた父親の願いで父親を冷凍庫に入れた。ことを話す。

 

しかし、霜川家の父親は外面は良かったが幼い頃から子どもたちに虐待を行っていたことで、家族からは恨まれていて残された子どもたちは父親の冷凍遺体に怨みをぶつけていた。
だからけんじはこれ以上家族がバラバラにならないように彼らを凍らせて時間を止めていた。

けんじは父親が娘に生ませた子供で出生届も出されていなかった。

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ