Sponsored Links

ホンマでっかテレビ

現金派よりもクレジットカードなどで支払いをするキャッシュレス派の方が貯蓄上手!?

 

日常でクレジットカードが使える環境が昔よりも増え、最近のクレジットカードの使いみちをみると1位ネットショッピング、2位携帯電話料金、3位スーパー、4位ネットプロバイダー料金、5位ガソリンスタンドで、百貨店やホテルなどの高額な支払いで使う割合は少なくってきている。
クレジットカード払い

 

Sponsored Links
  

日常の支払いをクレジットカードで行う機会が増えてきて、クレジットカード派はポイントが貯まり金券などに交換することで得をしている。
逆に現金派の人はこまめにお金を下ろす機会が増えてしまい、コンビニATM利用者の2割はATMの手数料だけで年間5,000円以上支払っている。
ATM手数料

 

結果、とある金融機関の調査によると、カード派の方が現金派より年間約17万円も貯金が増加している。
クレジットカード派のほうがお金が貯まる

 

ATM手数料やポイントプログラムだけでなく、クレジットカード支払いのほうが明細をまとめて見られる為、管理・反省がしやすいという点も貯蓄がしやすくなるポイントなんだそうです。
管理反省

 

お金に関するデータとしてその他に、破産する人に多いのは、お金をこまめに下ろす人
数千円単位で下ろし、金利よりも高いATM利用手数料を支払っている人が多い
破産する人

 

因果関係はまだわかっていないそうですが、ネット関連企業が調べた結果によると、購入したブラジャーのサイズとネットで高額消費をする人の割合を調べたところ、Bカップは7%、Cカップは17%、Dカップは24%、Eカップは33%と胸のカップ数に比例して増加するという結果がでたという金に関するデータも
ブラジャーと高額消費
坂下千里子

 

データはデータですが、そういった傾向があるというのは少し面白いですね。

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ