Sponsored Links

幸せを掴む方程式

日本テレビ系で6月9日に放送されたグサッとアカデミアで人気塾講師 林修先生が幸せつかむための仕事の選び方を紹介!!

 

やりたくないことツライ

 

なるほどと思える自分に合った職業の選び方で、就職、転職に悩んだ時の参考になるかと思いました。

 

Sponsored Links
  

 

林先生流 幸せを掴む方程式

 

幸せの方程式

↑できる

←やりたくない やりたい→

↓できない

 

の座両軸を作ると必ずどこかに振り分けられる。

 

1.やりたい できる

2.やりたくない できる

3.やりたくない できない

4.やりたくない できない

 

できるの評価基準は自分の判断だけでなく、他人の意見でできると思われていることも重要!!

何気なく出来てしまうことが良い。他人から見ると意外と苦労することでも自分にとっては苦でないことはできることの一つ

人間は自分が何気なくできることを評価しないのでご注意
評価しない
苦労が美学
苦労してできるようになった自分を褒めてあげたくなってしまう。

 

自分が苦労して出来るようになったことを、苦労しないでとっくに通り過ぎたヤツがいる。
天才

その人には絶対勝てない

 

やりたい、やりたくないだけで判断すると、やりたいけど自分より優れた人が多い職業などを選んでしまい4番に分類されてしまう。

仕事を選ぶ際には1,2どちらかを選ぶと幸せになれる。
自分に向いている仕事
自分が楽にできること

 

任天堂の岩田聡前社長も同じような考えで、自分の長所を見つけるには自分が楽にできる事を探すことという言葉を言っていた。
調書

 

やりたくない事をやって生きていくのが辛いという考えは間違い!!

 

嫌な仕事でも満足できる理由

 

マズローの欲求5段階説というのがあり、

1番は自己実現欲求で自分のやりたいことをやることだが、2番目は自己尊厳の欲求、この自己尊重の欲求とは人に認めてもらうこと。

やりたくないことでも出来ちゃうと、人に認められるのでそこで喜びを感じることが出来る!!

マズローの欲求5段階説
他人が認めてくれること
喜びを感じる

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ