Sponsored Links

映画マネーモンスター

コメディ要素が強く、笑えますが、結末がショックな映画でした。

序盤~中盤はありきたりで少し古いんじゃないか?と思うような内容でしたが、終盤にかけて盛り上がっていってまあまあ面白かったです。

ジョディー・フォスターさんが監督業もやっているのは知りませんでしたが、今作が4作目のようです。

 

人気財テク番組のマネーモンスターの司会を務めるリー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)はマネーモンスターでアイビス社の株を購入すれば銀行にお金を預けるよりも安心だと言ってしまう。

しかし、これまで株の高速取引を可能にするシステムを開発し、上場以来順調に株価を上げていた資産運用会社アイビス社は突然アルゴリズムのバグが原因で8億ドルの損失を出してしまった。

 

Sponsored Links
  

映画 マネーモンスターのあらすじ

この日の番組でアイビスの社長ウォルト・キャンビー(ドミニク・ウェスト)が出演するはずだったが、連絡が取れず出演はキャンセル、代わりにアイビス社の美人広報ダイアン・レスター(カイトリオーナ・バルフェ)が中継で出演することになったが、番組の放送が始まった直後に銃を持った男カイル・バドウェル(ジャック・オコンネル)が番組に乱入してきてしまった。

 

アイビス社の株を購入して大損をしたカイルは、ゲイツとキャンビーにアルゴリズムのバグではなく、なぜ8億ドルの損失が生まれてしまったのか説明しろ!お前ら二人には責任がある。とその場にいたゲイツに爆弾の入ったジャケットを着せる。

 

ゲイツはカイルの損失を保証するからこんな事をやめろというが、今回の株価暴落で発生した全員の損失を埋めろ。そして、俺はこの場を生きて出れるとは思っていないと言われてしまう。

みんなが協力してアイビス社の株を購入すればアイビス社の株価は上昇するから、視聴者に協力を仰ぐが逆に株価は下がる。

 

最初はカイルを説得しよう試みたゲイツとゲイツの元妻で番組プロデューサーのパティ・フェン(ジュリア・ロバーツ)だったが、徐々になぜアイビス社のアルゴリズムのバグの真相に近づいていく。【一般券】『マネーモンスター』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)

 

システムの事を何も知らない美人広報レスター(社長キャンビーの愛人)も徐々に今回の暴落事件の真相を知っていく。

 

そして、超高速取引システムを開発、設計した韓国人のエンジニアから、真相はわからないがこのシステムでは大量の取引は出来ない。そういうふうに作られているので一度に8億ドルもの損失が生まれるのはシステム上送り得ない。人が行った何かで8億ドルが失われている情報をつかみ、この情報とキャンビーがメールで頻繁に使っている単語”manbo”という情報をパティに伝え、パティはこの情報からキャンビーのここ数週間の足取りを追うために、ヨーダ似の声で取引をするハッカー集団にキャンビーの足取りを調べてもらう。

 

警察はゲイツに取り付けられた爆弾が胸の発信機を壊すことで起動を防げるものだとわかり、ゲイツごと発信機を打ちすぐに治療する方針を決めていた。

 

ゲイツと警察の計画を知り、カイルを人質に撃たれないようする。
カイルは妊娠中の奥さんに、貧乏上に母親の遺産を無謀な投資で失い、こんな事件まで起こして馬鹿野郎!と罵られショックを受けるがゲイツが必死に説得し、この暴落事件の真相を暴こうとキャンビーと会うことに

 

そしてキャンビーと会うためにゲイツとカイル(ゲイツが銃を持つカイルを盾にして)はテレビ局を出てキャンビーのいる場所まで向かう。
この時多くの視聴者が集まり囃し立てるがカイルが銃を発射してしまい野次馬は一斉に逃げ出す。

途中で爆弾がただの粘土だという事を聞かされるゲイツだったが、乗りかかった船だと最後までカイルに付き合う事にする。

 

 

キャンビーとあったゲイツとカイルはパティがハッカーに依頼して集めた情報から、アイビス社が秘密裏に8億ドルを使い南アフリカのダイヤモンド鉱山でストライキが起きている時に投資をし、ストライキのリーダー(manbo)を買収しストライキが収まり、株価が上がったところで売り利益を得ようとしていた事がわかったと伝えるが、それのどこが悪い?違法なことはしていないと逆ギレする。

 

銃を突き付けてキャンビーに”悪かった”と言わせる事が出来たカイルだったが、直後に警察に銃で撃たれてしまい、程なくして死ぬ・・・

 

そして、視聴者、他番組もこの事件を中継して盛り上がっていたが、数時間後には元の日常に戻る・・・

関連記事
 カテゴリ
 タグ