Sponsored Links
11月19日の検索deゴー!はとっておき世界遺産 富を求めて~マネー・黄金伝説~

始めに紹介されたテーマは"黄金"
トルコ・イスタンブールの黄金に輝く世界遺産トプカプ宮殿では、
スルタンと呼ばれる皇帝が太陽の石と称されたペリドットを大量に散りばめた黄金の玉座や
赤ちゃんが使う黄金の揺り籠など多くの金に囲まれた生活だったそうです。

その他にはツタンカーメンの黄金の仮面や一緒に埋葬されていた装飾品たち・・・
さらに日本の古都京都の世界遺産金閣寺が紹介されました

続いてのテーマは"宝石"で
クレムリンの赤の広場
エメラルド、サファイア、スピネルなどが散りばめられたロシア最古の王冠や
約190カラットのダイヤモンドがはめ込まれた王錫が紹介されました。
このダイヤモンドはオルロフダイヤと呼ばれ、呪いのダイヤとしても有名だそうです・・・

続いてはちょっと問題が出題され
マチュピチュ、ウェストミンスター宮殿、パリのセーヌ河岸、ガラパゴス諸島、イグアス国立公園、ピラミッド、
万里の長城、オカピ野生動物保護区これらに共通するワードは?という問題です。

Sponsored Links
  


正解は"紙幣"
と言う事で続いてのテーマは"紙幣"
どの世界遺産も紙幣のデザインに使われている!!そうです。
その他の多くの世界遺産も各国の紙幣に使われているそうなので世界の紙幣を手にした時は是非チェックを!!
紹介されたのは世界遺産ベトナムの古都ホイアン
ベトナムの紙幣の20000ドンの紙幣にホイアンの橋が描かれているのだが、
その橋の名はニホンバシ
朱印船貿易で日本人がホイアンを訪れ日本人街を作っておりその名残の様です。

続いては"税金"です。
パルミラ
このパルミラが栄えていた要因は税金
シルクロードを行き来している商人達から輸入品、輸出品から関税を徴収していたそうです・・・

フィレンチェ
芸術などの文化遺産が多くあるイタリアの花の都ですが、日本人も関係のある滞在税なる税がスタート!!
ホテルごとの星の数により滞在する日数に応じた税金が発生する様です・・・
ただ、芸術などの文化的な遺産の修復費などの維持費に使われるそうなので仕方ないかな?

サンクトペテルブルク
水の都とまで称される美しい都市だが300年前までただの沼地だった。
そこを皇帝ピョートル一世が多くのモノに税金かけ素晴らしい街を作り上げたそうです。
様々な種類の税を課した中でも珍しいのがアゴヒゲ税・・・
アゴヒゲにも税金をかけたそうです・・・

続いては”一獲千金”
オウロプレト歴史地区
ガリンペイロと呼ばれる宝石ハンター達が今も一獲千金を求めてやって来る。
過去には多くの金が採れゴールドラッシュもあったそうです・・・

ココ島国立公園
自然に囲まれた熱帯雨林に囲まれている島だがかつては海賊が飲み水補給に訪れていた事から
海賊たちの隠し財宝があるのではと噂され多くのトレジャーハンターが訪れた。
多くのトレジャーハンターが訪れ自然が破壊される可能性があった為、
国が国立公園に指定し許可なく入島する事を禁止したそうです。

続いてのテーマは銀行
中国の平遥古城
明や清の時代の建物が残るかつて東洋のウォール街と呼ばれた金融都市だった。
最盛期には中国国内の銀行取引の半分以上が平遥古城で行われていたそうです・・・

そして同じ中国繋がりと言う事で登封の歴史的建造物群を紹介!!
達磨大使が広めた少林寺の本山がある地域だそうです。
現在少林寺は年間200万人が訪れる観光地になっており、本場の少林拳の演舞や音楽ショーが観れるそうです。
少林寺はその他にもネット販売を始めており、商品時の秘伝の書が約8万円で手に入る!!
もう秘伝でもなんでもないっすね・・・

続いては栄華を極めたローマ帝国とゆかりのスペイン・カルセドのラスメドゥラス
20世紀半ばまで奇岩の群れは自然の産物だと思われていたが、
実はローマ帝国が金の採掘の為山を削っていた事が原因で奇岩の群れが出来上がった事がわかったそうです。

THE 世界遺産 「絶景」 THE 世界遺産ディレクターが選ぶ 世界遺産 絶景20選
はじめて学ぶ 世界遺産100 世界遺産検定3級対応
絶対いつか行きたい世界遺産ベスト100―「地球の宝物」に出会える本


関連記事
 カテゴリ
 タグ
NHK