Sponsored Links

寝る時の明るさ

5月4日に放送されたホンマでっかテレビで紹介された寝る時は真っ暗な方がいいのか?少し明るくしほうがいいのか?科学的にお得なのはどっち!?

 

心理学的には真っ暗な方が良い

 

心理学

科学的には寝ている。睡眠時間を取っていても寝た気がしない、疲れが取れないという人は明るい時間帯に寝ている人が多い。

理想的なのは暗くして寝て起きた時に明るい。という状況が良い。

主観的に寝たなと思う状況が大事
主観寝た

 

Sponsored Links
  

環境学的には少し明るくした方が良い

 

環境学

真っ暗にすると悪い夢を見やすい
悪い夢

突然真っ暗の状態にして寝ると脳が何が起きたのか理解できずに混乱して悪い夢を見やすくなる。
脳は睡眠時に昼間の映像を記憶するために情報を整理するが、突然真っ暗になると記憶しようとしているのか情報を得ようと(映像を見ようと)しているのか判断できずに混乱してしまう。
真っ暗怖い夢

 

統合医療的には少し明るく

 

統合医療

人類は常に夜は火を焚いて薄明かりの下で睡眠してきたので、身の安全を確保できる少し明るい環境のほうが安心して睡眠をとることが出来る。
身の安全

 

直接目に入る強い光ではなく、ほんのり明るい状態だと快眠できる。
適度な光

 

動作解析的には少し明るく(フットライトがベスト)

 

動作解析

人は寝ている時に光を避けて反対を向いて寝る。
この為、光があると寝返りの右左の割合が偏り片側に血液が溜まってしまってい、朝の腰痛などの原因になる。
ただ、真っ暗が良いというわけではなく、顔や目に光が直接当たらないフットライトがあるのが良い
フットライト

 

脳科学的には少し明るい方が良い

 

脳科学

ちょっと明るいほうが深い眠りになる。
少し明るいほうが深い眠り

真っ暗だと不安感を感じやすく左脳が活性化して浅い眠りになってしまう。
>

ただし、睡眠は個人差が大きいので自分にあった睡眠方法を探すために色々試したほうがいい!!
睡眠方法は人それぞれ

 

朝型人間か夜型人間かも人それぞれで、朝のほうがIQが高い人と夜のほうがIQが高い人がいる。
朝夜
朝方夜型

現在の学校教育や勤務時間は朝から始業する朝型の人向けのシステムなので、夜型で朝方システムに馴染めない人も自分でコントロールして自分にあった時間に活動するのが良い

 

自分にベストな睡眠時間を調べる方法

30分間ずつズラして1週間試して満足度が高い時間が自分にベストな睡眠時間
自分にあった睡眠時間の調べ方
今週は6時間寝る。来週は6時間30分寝る。など1週間単位で試す。ベッドに入った時間ではなく、なるべく眠りに入った時間から計算する。

 

目覚まし時計に起こされると睡眠が良くないことが多いので自然に起きるようにする。
目覚ましより先に起きる

 

自然に起きる方法

自動で起きる
何時に起きると決めるより、今から寝て何時間後に起きると脳で計算するようにして寝ると自然に起きやすい。

 

一時的な不眠にドリエル

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ