Sponsored Links

眠る前にやること

4月22日に放送された金スマで紹介された自律神経を整え快眠をするテクニック

寝付きが悪かったり、寝ても疲れが取れないなどの不眠で悩まされている必見の快眠テクニック

 

スーパードクターが教える快眠テクニック

 

1.昼間が勝負

快眠テクニック

 

日光を浴びることと適度な運動を昼間行うこと

1日最低15分日光を浴びて歩く(携帯電話と音楽を聞きながらはNG)
携帯
一定の速度でリズミカルに歩くのがポイント

 

Sponsored Links
  

2.スイッチの切り替え

スイッチの切り替え

 

帰る前の片付けを儀式にする。
帰る前の片付け

帰る前に片付けをする。ということを習慣にしておけば、片付けをきっかけに体がオフモードになりやすくなる。
仕事はここまで!と線引ができるので、ストレスの交感神経からリラックスの副交感神経に切り替えが出来るようになる。

 

3.夕食をとる時間

夕食を取る時間

 

夜の食事は寝る3時間前には終わらせておいたほうがいい!!
晩ごはん時間

食後3時間もすれば腸が動き出して副交感神経が上がってくる。このタイミングは腸のゴールデンタイムと呼ばれ、寝るのにベストなタイミング
ゴールデンタイム

 

4.快眠入浴法

快眠入浴法

 

お湯の温度は38~40℃のぬるめのお湯にする。

 

そのお湯を方から全身にかけてからゆっくり湯船に入る。
快眠入浴法1

 

5分間全身浴し首を温める。
快眠入浴法2

さらに10分間の半身浴
快眠入浴法3

 

5.眠る前にやること

眠る前にやること

 

寝る直前に感謝の言葉を心の中で唱える。

感謝
感謝をすると人間はゆっくりとした呼吸になりやすく、副交感神経が高まり休む準備に入れる。

楽しかった思い出に浸ることもリラックス効果があるそうです。
楽しかった思い出に浸る効果

絶対にやってはいけないのは今日あった嫌なことを思い出すことや明日の仕事を考えてしまうこと
嫌なことを思い出す
明日の仕事

 

自律神経の名医がつくった ぐっすり眠るためのCDブック

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ