Sponsored Links

ズンドコベロンチョre

世にも奇妙な物語の名作の一つとして挙げられるズンドコベロンチョ(草刈正雄版)のあらすじと感想

 

怖いとか恐怖ではなく奇妙な話で個人的にも好きなお話し。

謎を残したまま終わっていくのもいいですよね!!

Sponsored Links
  

ズンドコベロンチョのあらすじ

 

三上(草刈正雄)は最新の流行に敏感な色男

仕事も恋愛も得意で俺の知らないことは世の中には存在しないと思っていた。

ある日の社内プレゼンでは、"アーバンライフにおけるコンテンポラリーのニーズに応える為に今のインテリジェントビルにはアメニティ空間としてのアトリウムは欠かせないわけです。"と横文字を並べたプレゼンをしていた。

 

そのプレゼン後に"昨日のズンドコベロンチョ見た?"という会話を耳にする三上

ズンベロ、ズンベロ!!、ズンドコベロンチョを今知らない業界人はいないだろと盛り上がる会話を聞きながら"三上さん見ました?"とふられてしまう。

とっさに"もちろんだよ!なかなかじゃないかアレ"と答えてしまう三上

 

俺の知らない番組があるんなんて!とすぐに本屋に向かい"ズンドコベロンチョ"を調べる三上

 

しかし、どの雑誌を見ても"ズンドコベロンチョ"の情報は書かれていなかった・・・

 

諦めてOL数人と素敵なお店でランチを楽しむ三上だったが、そこでも"ズンドコベロンチョ"の話題が

OL達は"ズンドコベロンチョ"を"可愛い!!食べちゃいたいくらい可愛い"と言い、三上が"ズンドコベロンチョ"に似ていると言い出した。

 

昼休みが終わり、社内で俺が"ズンドコベロンチョ"に似ている?と疑問に思いながら鏡を見る三上

そこに専務が訪ねてきて三上は"ズンドコベロンチョどう思う?"と聞かれてしまう・・・

周りの仕事仲間は"斬新というか、日本人の忘れかけていた心を取り戻してくれる"と答え、三上は"ズンドコベロンチョ"が"たまのようなバンド"だと想像し、"あの歌は一度聞くと忘れられません"と答えてしまう。

ドン引きする一同・・・

しかも専務は"なんてことを言うんだ!ズンドコベロンチョに失礼じゃないか"と激怒してしまった・・・

 

必死に"ズンドコベロンチョ"のことを調べるもその正体にたどり着けない三上は、自分の想像だけで"ズンドコベロンチョ"は子供が好きなキャラクターだと思い込みキャラを作っていく。

ズンドコベロンチョ想像絵

 

そしておもちゃ屋で"ズンドコベロンチョ"一つ下さいと注文してしまう三上

おもちゃ屋では店員に囲まれ警察を呼ばれそうになるが、店員の制止を振り切りなんとか逃げる。

 

会社に戻った三上は部長に呼ばれ、次のプロジェクトを成功させたらチーフに昇進させようと思っている。なんとかズンドコベロンチョプロジェクトを成功させてほしいとお願いされる。

 

ズンドコベロンチョが何なのかわからない三上は茫然とし、ズンプロで盛り上がる社内で泣きそうになりながら"教えて、ズンドコベロンチョって何?"と聞いてしまう。

衝撃を受ける社内・・・

終わり

 

世にも奇妙な物語

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ