Sponsored Links
テレビ東京系のカンブリア宮殿
7月28日のゲストはレストラン・エクスプレス社長 江見朗!!

多くのフード・デリバリー・サービスを行っている
レストラン・エクスプレス社ですが、
今回の放送では宅配すしの銀のさらをメインに取り上げました。

江見朗社長の経営テクニックを2つ紹介し、
銀のさらが人気の理由も紹介されました。

紹介された2つのテクニックは
・チラシ配り
・"怒らない"経営

Sponsored Links
  


チラシ配り
年間400種類以上3億枚以上を配っているが、
創業当初はアルバイトを雇いチラシ配りを行い、
川に大量に捨てられたのを発見!!
そこから自分でチラシを配る事にした。
そしてデータを取りどれ位の数を配ればどれ位の注文が取れるのか
というノウハウを身につけ、
現在もポスティングの会社には依頼せず自社でチラシ配りを行い
チラシ配りのデータを取り、
それに伴い作戦会議を行いより効率的にチラシを配る様にしている。

"怒らない"経営
1週間スタッフ不足からポスティングができず、
数万円の売り上げを目指していた店舗が
数千円単位の売上だった事を部下に報告されたが、
怒らず失敗の原因がわかっているのなら、
単純に改善案を考えてみようという感じの対応でした・・・
普通空気凍って激昂されてもおかしくない場面で冷静な対応。

凄いですよね?怒っても合理的ではない。
という考えで怒らない経営というのを行っているらしいです。
反省して改善できる場を恐怖を与えずに用意してくれる上司
憧れますね。

銀のさらが人気の理由は?
チラシの写真と同じ見た目の商品を届け客に後悔させない!
という信念の下、銀のさらのネタは特別仕様で
通常スーパーなどに出荷されるネタよりも大きなネタを仕入れている。

しかも冷凍パックされた寿司ネタを
高電場解凍機という特殊な解凍機を使用し解凍後も味が落ちない!!
と普通に寿司にも拘っていて良い物を提供している。

普段、ポストにチラシ入っていると邪魔!!!
と思ってしまいますが、
今日のカンブリア宮殿見て銀のさらの寿司食べてみたくなりました。



関連記事