Sponsored Links

楽観的な人と悲観的な人の物の見方.

10月21日にフジテレビ系で放送されたホンマでっかTVで紹介されたありがとう日記でポジティブな考え方になる方法や悲観的な人が楽観的になる方法

ありがとう日記とは

一日の終わりに悪いことではなく良いことを思い出し、些細なことでもいいので"ありがとう"と思えることを書く。

ポジティブ

物を拾ってもらった。ありがとう
お母さんが料理を作ってくれた。ありがとうなどの簡単な感謝で良いそうです。

このありがとう日記をつけると肯定的な考え方になる。

Sponsored Links
  

悲観的な人が楽観的になる方法
楽観的になれる

面白い研究で、晴天と雨の日の絵などを並べて表示した場合、
楽観的な人は、良い光景ばかり注視
悲観的な人は、悪い光景ばかり注視
する傾向があるそうです。
楽観的な人と悲観的な人の物の見方

悲観的な人に良い光景ばかり注視するように8か月間トレーニングをしたら、悲観的な人が楽観的に改善されたそうです。
悪い部分を探すのでなく、良い部分を探す癖を普段から付けたほうがいいかもしれませんね!!
楽観的思考

幸せは連鎖する!!
感謝の連鎖

幸せな人たちが集まる所に行く、幸せな人がいた場所に行くなどするとニオイが媒介になり幸せになっていく。
幸せニオイ

感謝の気持ちを持つ人は幸福感が高い、なので会う事で自分も幸せになる。

自分の幸福感が高ければ、自分の周りの人を幸福にすることが出来る。

嫌な気持ち、ネガティブな感情も伝わってしまうそうです・・・
考えすぎてネガティブになってしまうと周りに伝わるので注意!!

たった1分で心が軽くなるポジティブ呼吸法


関連記事
 カテゴリ
 タグ