Sponsored Links

映画バクマン

週刊少年ジャンプで連載されていた若者が人気漫画家を目指す!というストーリーの漫画を映画モテキなどを手がけた大根仁監督が実写映画化した作品 映画バクマン。

原作コミックを読んだことがなかったので少し不安でしたが、バクマンを知らない自分でも楽しめました。
高校生が漫画家を目指すという少年漫画が原作なので熱血!!根性!!という感じなのかな?と思っていましたがそんなこともなく、ヒロイン登場で淡い恋の物語?とも思いましたが、そんなこともなく笑えるところは笑えて、熱くもなり、悲しくもなる。色々な気持ちになれる良い映画でした。

漫画の描き方もプロジェクションマッピングを使って、登場人物と一緒に漫画が出来上がっていく様に見せていて新鮮でした。そしてカッコイイ!!

エンドクレジットではコミックの背表紙をスタッフロールにするという面白いアイディア。
サイコーとシュウジンが使っていた作業部屋のコミックの背表紙がスタッフの名前に変わっていました。これは製作に関わった人うれしいだろうな!!

Sponsored Links
  

映画 バクマン あらすじ

授業中に以前からずっと好きだったクラスメイト亜豆美保(小松菜奈)の絵を描いていた高校生の真城最高(佐藤健)あだ名サイコー
そんなサイコーの絵を見た高木秋人(神木隆之介)あだ名シュージンは、一緒に漫画家を目指そうとサイコーを誘う。

 

シュージンは漫画家に憧れているが、昔から絶望的に絵が下手だった・・・
作文などが得意でストーリーを作ることには自信がある。だからサイコーに絵を担当して欲しい。二人でコンビを組んで漫画家を目指そうと誘ったのだった。

 

しかし、サイコーは漫画家なんて職業はギャンブルだ。やらないと断る。
そんなやり取りをしている二人で学校の階段から落ちる・・・

 

そこにサイコーがずっと好きだった亜豆美保が現れる。
シュージンは亜豆が声優を目指していることを知っていて、俺達漫画か目指しているから俺達の作品がアニメ化されたら声優やってよ!と亜豆に伝える。
お前気持ち伝えろよとシュージンに煽られたサイコーはその場で亜豆にお互いの夢が叶ったら結婚してください!!と何故かプロポーズをしてしまう。

 

シュージン、亜豆”えっ!?”
その反応を見たサイコーも”えっ!?”

 

ただ亜豆も中学のときからサイコーの事が好きだったようで返事はOKだったようです。

 

サイコー&シュージンの高校生コンビが誕生!!

 

漫画家になる気はなかったのに漫画家という職業を選ぶことはギャンブルだといっていたサイコー
実はサイコーのおじさんはかつて週刊少年ジャンプでギャグ漫画バックマンを連載していた漫画家川口たろう(宮藤官九郎)だった。
おじさんの仕事部屋によく遊びにいっていたサイコーだったが、編集者に連載終了を伝えられた日に倒れて死んだおじさんの姿を見ていたので漫画家を目指さないようにしていた・・・
ただ漫画家には憧れがあったようです。

 

高校は夏休みということもあり、ずっと残されていたおじさんの仕事場に入り浸り二人で漫画を描くことにした二人。
初めて使うプロのペンと鉛筆で描かれる線に苦戦するサイコーだったがなんとか夏休みのうちに作品を完成させる。

 

目指すなら漫画雑誌のトップ週刊少年ジャンプでの連載だ!と意気込んでジャンプ編集部に出来上がった作品を持ち込む二人。
持ち込み作品を読んでくれたのは服部哲(山田孝之)、ボサボサの頭にひげ、バルサのジャージにタミヤのTシャツという格好が週刊誌の編集部っぽい!!

 

サラッと一回流し読みされて焦るシュージン、もう一回読ませてもらうね。と今度はじっくり読んでもらう。軽く褒められるが、絵のダメ出しとストーリーの組み立て方が漫画じゃないとダメ出しもされる。

 

これが始めた書いた作品だと伝えると驚く服部!!
じゃあ指摘した部分を直してもう一回持ってきてという服部、修正して再び漫画を持ち込んだ二人に服部は、新人漫画家の登竜門手塚賞で佳作くらいなら狙えるよ!と言うが、大賞は取れないんですか?と返すサイコー
言葉を濁している服部に後ろからジャンプ編集長佐々木(リリー・フランキー)が、はっきり言ってやれ、お前らの作品は面白くないと言う・・・

 

佐々木はサイコーのおじさん川口たろうを担当していた男、この男に連載終了を伝えられたのを当時見ていたサイコーは絶対に大賞を取ってやると意気込む

 

しかし、結果は準入選・・・

 

うれしそうなシュージンと不満がるサイコーが祝賀会に出席していると、そこに天才といわれる高校生漫画家新妻エイジ(染谷将太)が現れる。
エイジはすでに週刊少年ジャンプで連載を始めており、早くアンケート結果で1位になりたいと言っていた。そして、サイコー、シュージンの作品を見て僕ならもっと上手くかけます。とりあえず手塚賞コングラッチュレーションです~と言ってその場を去ろうとする。

 

サイコーはすぐにあなたに追いついて、抜きます!俺達が!!と宣言する。

 

サイコー、シュージンだけでなく手塚賞受賞者のほかの新人漫画家福田真太(桐谷健太)、平丸一也(新井浩文)、中井巧朗(皆川猿時)らも終結してエイジを睨む。

 

その夜、サイコー、シュージンの仕事部屋に集まった入賞者達と服部は連載に向けて、打倒エイジに向けて盛り上げる。
そこで福田が服部にアンケート至上主義の編集部が!と悪態をつくが、読者が面白いと思える漫画を作るためにアンケートは必要だと思うし、読者と漫画家の間に入っている編集部員も面白いと思ってもらえる漫画を作るのにがんばっている。それに、もし編集部と漫画家が対立したら僕は漫画家の見方になると自身の考えを伝える。

 

連載に向け、各々漫画の制作に打ち込み出来上がった作品をもとにジャンプ編集部で新連載を決める会議が開かれるが、福田真太、平丸一也、中井巧朗たちの連載が決まる中サイコー、シュージンたちの作品は落とされてしまった・・・

 

謝る服部、どういっていいのかわからないけど君達らしい作品を作ってみてよと言う。

 

部活をがんばってきたわけでも恋愛に明け暮れてたわけでもない俺達に俺達らしい作品ってと落ち込む二人だったが、突如シュージンが学校の体育館で何かを思いつく。

 

そしてヒーローものの王道作品ではなく、学園もので何の才能もない主人公が脳の交換と言う新技術で学園ののし上がっていくというストーリーを考えてくる。
この作品で新連載を獲得した二人

 

高校生漫画家対決と銘打たれ連載を開始することになった。
そして、エイジとどっちがアンケートで1位を取るかと勝負を始める。

 

新妻エイジのCROWは常に上位に位置していたが、サイコーとシュージンの漫画この世はカネと知恵は最初こそ好調だったが徐々に順位を落としていった。
さらに週刊連載の仕事の忙しさから些細なことで喧嘩を始める二人。それでもなんとか仕事をこなし起死回生の一手としてヒロインを登場させようとする。

 

いきなり言われても書く自身がないというサイコーだったが、ずっと書いてきた亜豆の絵があるじゃないか!というシュージン

 

このヒロイン亜豆の登場でこの世はカネと知恵は順位が上昇、巻頭カラーも決まるが、サイコーが倒れてしまう・・・

 

サイコーが運ばれた病院に訪れた服部と佐々木編集長は高校生漫画家対決などと言って君達を煽ってしまった編集部の責任もある。君達が高校を卒業するまで休載しようと伝えるが、サイコーは大丈夫です。やります。と言う。
佐々木はダメだ!続けさせられない。なぜなら川口たろうが死んだからだと伝える。

 

ジャンプ編集部は巻頭カラーを今から作れるのはエイジだけだと、巻頭カラーをエイジにお願いすることにした。

 

入院したサイコーの病室に亜豆が訪れ、声優の仕事は順調だが、サイコーの作品のヒロインが亜豆に似ていること二人が通っていた学校が同じ(亜豆は芸能活動をするために退学した)ことが話題になり事務所から恋愛は禁止なので会うなといわれたことを伝え病室を去る。

 

いつまでも待たせてられないことを知ったサイコーは病院を抜け出し漫画を描きだす。
手伝うシュージン、さらに福田、平丸、中井(打ち切られ実家の秩父に帰っていたが呼び出された)も手伝い、急ピッチで仕上げていく。

 

服部はエイジの作業部屋を訪れ間に合うかもしれない、ずっと信じてなかったが少年ジャンプの三大原則努力 友情 勝利という言葉を信じてみたくなった。すまないが彼らの作品を巻頭カラーに戻させてくれとお願いしていた。
エイジは努力 友情 勝利ですか~と言い、他に何か言いたそうだったがライバル(悪役)も必要?と思ったのか、サイコー、シュージンの仕事部屋を訪れサイコーを挑発して帰る。

 

佐々木編集長は服部に何で止めない何を考えてるんだと言うが、服部は、僕が編集部と漫画家が対立したときは漫画家の味方をします。(これは編集部に入ったときに佐々木に言われたことらしい)と伝える。

 

なんとか校了に間に合い巻頭カラーで載せられたこの世はカネと知恵は見事読者アンケートで1位を取る。

 

1位を取れたのはこの一回で、その後はアンケート結果も思わしくなく打ち切りが決まってしまった。
連載作品を持たないまま高校卒業を迎えた二人は次はこういうのどう?と色々作品のイメージを学校の黒板に書いていく。

 

バクマン。 コミック 全20巻完結セット


関連記事
 カテゴリ
 タグ