Sponsored Links

10月2日にフジテレビ系列金曜プレミアム枠で放送されたスペシャルドラマ私という名の変奏曲

整形と入れ替わりで少しごちゃごちゃしていたけど楽しめました!!

私という名の変奏曲 あらすじ

数々のスキャンダルで世間を騒がす、年齢非公開のスーパーモデル美織レイ子(天海祐希) 本名川田清子が自宅で遺体で発見された。

最後の本当の共犯者は刑事さん、あなたですよ!というのはちょっと"えっ"となりましたが・・・

発見したのは高額の報酬で3年間雇われていた家政婦の太田道子

すぐに一晩で男を捨てるレイ子がかつて不倫し婚約し捨てられた清和総合病院内科部長の笹原信雄(段田安則)が指名手配される。

被害者のレイ子の死体からは美容整形の跡が見られたが・・・

Sponsored Links
  

笹原はレイ子が死亡した夜にレイ子に会っていたが、二度と顔を見せるなと言われ、その場で自殺しようとしたがレイ子に止められて青酸カリを置いてきてしまったと逃亡先のホテルで部下の内科医 浜野康彦(市川猿之助)に打ち明ける。

さらに笹原は昔レイ子に"私を殺したがっている人間は6人いる"と言われ、5人までの名前は知っていた。その名前のわかっている5人に電話して"あの夜レイ子の自宅を去っていくのを見た"と電話してくれと浜野にお願いする。

その夜、ホテルの従業員の通報で警察に捕まる笹原。

そんな中美織レイ子を殺したいと思っているうちの一人、ネイチャー繊維社長沢森英二郎(遠藤憲一)が美織レイ子を殺したのは私という遺書を残して死ぬ。

笹原と会った後にレイ子は沢森と会っていて、レイ子が目を離したすきに青酸カリが入った酒のグラスとレイ子のグラスを交換しレイ子を殺害していた。レイ子が寝室で倒れ脈がないのを確認していた沢森

しかしその他の人物達、レイ子をスカウトしたカメラマン 北川淳(生瀬勝久)、世界的ファッションデザイナーの間垣貴美子(夏木マリ)、ライバルの人気モデル池島理沙(緒川たまき)、音楽プロデューサー 高木史子(若村麻由美)、高木と不倫していた音楽プロデューサーも、レイ子に弱みを握られ脅されていて、その事からあの夜レイ子を殺したと明かされるのだった・・・

レイ子の過去を探る警察は昔のレイ子の写真を見つけ、今とは別人の見た目だったことがわかる。
このレベルの整形手術が可能なのは世界一の復顔手術の腕を持つロバート・ブライアントいう医師だけだと整形外科医は語る。

この事から警察は、事故にあったレイ子は事故の届けを出さない代わりに顔を整形させたのでは?と推理し、笹原の部下浜野が事故を起こしロバート・ブライアンにレイ子の整形手術を手配していたことがわかる。

6人目は浜野だった。

さらにレイ子の元同僚でレイ子にそっくりだった人物も最近ロバート・ブライアンの出術を受けていたことがわかる。

すぐに浜野を逮捕しにいく警察だったが、浜野は二人のレイ子、6人の犯人という遺言を残し死んでいた・・・

事件の真相

レイ子は世界的名医の整形手術で憧れの女性に似た顔になり、その美貌から美にまつわる世界で大成功をおさめたが、その世界の腹黒さから心が壊れていた。

そこにレイ子の顔の参考にした人物が現れレイ子を脅してきたので今回の事件の計画を実行した。

そして、笹原が用意した青酸カリ、今なら笹原が疑われるとほのめかし、自分を殺すように仕向けた。

レイ子は苦しむフリをして寝室に入り、クローゼットに隠れた。6人が確認したのは既に死んでいた2人目のレイ子だった。
笹原は共犯者

レイ子の復讐は6人を殺人者に仕立て上げ一生苦しませることだった。

私という名の変奏曲 (文春文庫)


関連記事
 カテゴリ
 タグ