Sponsored Links

日本のゴジラとは設定が違っていますが、このゴジラもありっちゃありかな?

親をムートーに殺されたことの復讐というよりは人類を救ってくれた感じの存在として終わったのがヒーロー感があってよかったです。
日本版の核により誕生した怪物という設定もとても大事なことだと思いますが、こういったゴジラもあっていいんじゃないかと思いました。

内容自体は放射能を餌とする超巨大な寄生虫ムートーと放射能を吸収するゴジラの戦いという単純なものでしたが・・・

Sponsored Links
  

映画GODZILLA ゴジラ あらすじ

1999年フィリピンのユニバーサル炭鉱で落盤事故が起き、その調査に芹沢猪四郎博士(渡辺謙)が現場を訪れる。

落盤の原因となった大きな穴の中を調査するとそこには巨大な何かの化石があり、他にも孵化した形跡のある卵、卵から生まれた何かが地下から地上に出た跡が残されていた・・・

その頃、日本のジャンジラ市では不規則で頻繁に地震が計測され、震源不明の謎の地震でジャンジラ市の原子力発電所は崩壊した。

15年後、原子力発電所の崩壊で母を失ったフォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は海兵隊員になり家庭を持っていた。

フォードの元に父ジョー( ブライアン・クランストン)が東京で逮捕されたと領事館から連絡があり、東京を訪れ、ジョーが一人で15年前の事件、事故を追っている事を知り調査を手伝うことになり、当時の事故現場で危険レベルの放射線量のため侵入禁止区域になっている現場に訪れるが、そのエリアが無害である事実を知る。

現地で拘束された2人、フォードはあれは地震や事故ではない、数マイルにわたり電磁波を吸収する何かによって起きた事だと証言している最中、GODZILLA(ゴジラ)と思われる巨大な物体が周囲の原子力炉を吸収し目を覚ます!!

目覚めたゴジラが暴れ、大混乱する現地を世界中はマグニチュード6.3の地震が報道した・・・ゴジラはどこかに飛んで行ったそうです。
そして何故かすぐにアメリカ海軍の指揮下になったジャンジラ市
海軍はゴジラをムートーと呼び芹沢博士、と芹沢博士が指名したフォードが作戦に加わることに

GODZILLAの正体

それは、古代の捕食者
人類よりも古い何百万年も前、現在よりも地上の放射能が10倍あった時代に食料として放射能を消費していた生物

放射能レベルが下がったことで深海または地下で生きるために適応し地球の芯から放射能を吸収していた。

原始の生態系のTOP、彼の名はゴジラ(ガッジーラ)

15年前にフィリピンで見つかったゴジラは寄生虫によって殺されていた。
そして孵化したその子供がは放射能を求め原子力発電を持つジャンジラ市に向かったのだった。

ジャンジラ市から飛び去ったゴジラはハワイに向かっていた。
ハワイには親を殺した寄生虫ムートーが存在していた・・・

ムートーはネバダでも誕生していた・・・
ハワイに現れたのはオスのムートー、ネバダに現れたのメスのムートー
ムートーは放射能を餌にする。

芹沢博士はゴジラが放射能を吸収する生物なのは、ムートーを倒すためなのでないのか?と推測する。

オスとメスが再開したムートーは地下に卵を植えるが海軍がこの卵を燃やす、怒るムートーのところにゴジラが現れゴジラVSムートーの戦いが始まる。

ゴジラはムートーを倒しその場に倒れるゴジラ
しばらくするとゴジラは起き上がり、雄たけびをあげながら海中に去っていく・・・

GODZILLA ゴジラ[2014]


関連記事
 カテゴリ
 タグ