Sponsored Links

アンフェアのスピンオフドラマアンフェア ダブル・ミーニングの新作が放送されました。

映画の版のような疾走感や迫力はありませんが、アンフェアらしい誰が裏切っているのか?誰が裏の顔を持っているのか?が最後までわからない緊張感があって面白かったです。
雪平と望月がすれ違うところは興奮しました!!

Sponsored Links
  

アンフェア the special ダブル・ミーニング~連鎖のあらすじ

捜査一課第一特殊犯捜査第一係の望月陽(北乃きい)は精神科医橘鏡香(吉田羊)の催眠療法を受け、20年前に自身が誘拐された時の事を思い出していた。

治療後に三上(加藤雅也)からメールで呼び出された望月は、望月が20年前につけられた火傷と同じ傷がつけられた人形とサイカイヲノゾムというメッセージが警視庁宛てに届いていた事を知らされる。

上に相談しても取り扱ってもらえないだろうと独自に捜査をする望月は、20年前の事件に関わっていた山路哲夫(寺島進)にだけは相談する。

三上が生きていること、山路のジッポに弾痕がないことから映画アンフェアthe endとの時系列でいくと映画版の前という事になりそうですね。

そして、望月のもとには連続して子供が行方不明になっている事件が起きていると報告が入る。

山路は警視庁宛てに送られてきた人形と同じような状態で発見された身元不明死体の事件を調べることになったが、上からの圧力で捜査を止められてしまう。
上からの指示で自殺として事件を終わらせようとした三上だったが、山路にお願いされ司法解剖に回すことにした。

誘拐事件班は被害者が何らかの理由で病院に立ち寄った共通点を見つける。
さらに目が大きくて髪が長いことなどの共通点を見つける。

行方不明になった一人の携帯の電波を受信した警察は急いでその現場に向かうと、そこには20年前と同じような傷がつけられた少女がいた。
過去を思い出し混乱した望月は一緒にかけつけた刑事刈谷将(青柳翔)を撃とうとしてしまうが、なんとか静止してもらう。

時を同じくして他の少女たちも無事に保護される。
だが、被害者の少女の一人が"レイちゃんがいない"と言い、さらに警察宛てに
ドコニイル?
サガセ
ムノウナケイサツ
という新たなメッセージが送られてくる。

さらに20年前に同じような事件にあったという梅川尚子(木南晴夏)という女性が警察を訪れる。

山路は三上に独自にお願いしていた司法解剖の結果から、政治がらみの事件ではなく怨恨の事件でこれだけでは終わらないと独自の推理をする。

二つの事件は同じ犯人によって行われいると判断した山路は望月と合流する。
そして20年前の被害者だった梅川尚子(木南晴夏)が事件に関わっていることがわかる。

アンフェア the special ダブル・ミーニング~連鎖の犯人

犯人は梅川尚子(木南晴夏)
梅川はストックホルム症候群から20年前の犯人に好意を持ってしまい、再開を望んでしまった為、似たような事件を起こしたのだった。

さらに、20年前の事件の犯人が刈谷刑事だったこともわかる。20年前の事件は全て同一犯ではなく、浅野の妹が誘拐された時その場にいた幼馴染の刈谷は事件後警察が全然動かないので、再び本格的に捜査をさせるため同一犯に見せかけ犯行を犯していた。

ダブル・ミーニング Yes or No?


関連記事
 カテゴリ