Sponsored Links

映画アンフェアtheendネタバレ

人気ドラマから映画もシリーズ化したアンフェアの最後の作品?見てきました。

ドラマ版の事件で犯人が残していた"アンフェアなのは誰か?"というメッセージ、罰サイトが復活していたり、目的の為なら非常になれる雪平の心情の変化などが描かれており面白かったです。
シリーズ化しているので今まで以上の衝撃的な裏切り!!というやつが見たかったですが、まあそこは見ている人も慣れちゃっているのかな?と思いました。

アンフェアなのは誰か?というしおりが復活したこと、罰サイトが復活したことなどもう少し深くやってほしかった。

自分の想像では、権力が大好きなサディスティックな新ボスが雪平からデータを奪うために精神的に攻めたのかな?と思いました。

Sponsored Links
  

映画アンフェア the end あらすじ

 

前作アンフェア the answerで黒幕だった村上克明検事(山田孝之)が何者かに殺され、同時に村上の父も遺体で発見される。事件現場にはドラマ版で犯人が残していた"アンフェアなのは誰か?"というしおりが残されていた。

そして罰サイトが復活し、"雪平の復讐が始まった"というメッセージが書かれていた。

 

雪平夏見(篠原涼子)は、元旦那でフリージャーナリストの佐藤和夫(香川照之)が仕掛けた罠で警察の闇(不正)が記憶されたUSBメモリからデータを手に入れたが、ただ公表するだけでは一時的に警察が批判されるだけで終わってしまう。信頼出来る人間に渡さなくては意味がないとデータをSDカードに移しネックレスの中に隠し肌身離さす持っていた。

 

すぐに防犯カメラに映っていた容疑者として津島直紀(永山絢斗)が拘束される。

津島は、雪平になら本当のことを話すと雪平と二人きりになることを望む。
そして、津島は三沢基地でシステムエンジニアとして働いており、そこのデータセンターには警察、検察、裁判所らからなる組織が国民の全ての通信を傍受している記録がある。それを告発したい。この組織は殺しなど非合法な活動もしている。

 

なぜ雪平を指名したのか?それはその組織が雪平を特別に監視していたため、組織の敵であると判断したため。

防犯カメラは合成で作られており、明日海外のジャーナリストに証拠を渡すつもりだったのに、今日突然逮捕されたおかしいと雪平に語る津島

雪平は防犯カメラの動画から身長を測り、この動画が合成で作られていたこと、動画を作ったと思われる家にいったらもぬけの殻、不動産屋は偽物だったこと、最高検察庁監察指導部の検察官の武部将臣(AKIRA)から村上克明検事が組織のボスだったこと、今回の事件で知っていることがあったら教えてほしいと言われていた。ことから津島を信じ津島を逃がすことにした。

 

アンフェア the answerで死亡したと思われいた一条道孝(佐藤浩市)も登場し、今の組織のボスは甘くない、俺が守ってやるからデータをよこせと言ってくるが断る雪平・・・

組織の一員の三上薫(加藤雅也)と一条は、今回のボスは成り上がりもので冷酷なサディスト、雪平を殺せという命令が出たら、殺せるのか?と話し合う。
俺は誰でも殺せると答える一条

津島を匿いながら、津島が過去に警察や検察によって父がいわれのない罪で逮捕されていたことを知る。津島は自分の過去から不正を許せず、正義のために命をかけて告発しようとしていた。

 

しかし、津島がデータを渡す予定だったジャーナリストたちは死体で見つかり、その現場に現れた組織の新ボス武部、三上らに拘束される雪平だったが、三上がその場から雪平を逃がそうとする。
逃走中に事故に遭い、結局拘束される二人。

 

武部は雪平は自分を痛めつけても津島の居場所を吐かないだろうと裏切り者の三上を痛めつけ、さらに捜査一課の仲間山路哲夫(寺島進)を撃てと命令する。仲間を殺されたくなかったら津島の居場所を吐けという武部に抵抗する雪平だったが、武部の命令で一条が三上を殺し、さらに娘の美央(向井地美音)を殺そうとした為雪平は落ちてしまう・・・

薫ちゃんは雪平を守るためにあえて組織に入っていたと言ってました。

一条がもし雪平が嘘をついていたら面倒なので、雪平に直接殺させましょうと武部に提案し、雪平は津島を殺しにいく。
津島は雪平にデータの中から武部が村上親子を殺すように指示していたデータが見つかった事を教えるが津島に銃を向ける雪平

泣きながら娘の命がかかってると言う雪平に、自分の代わりにこのデータを活用して組織を告発してくださいとお願いする津島。
その信念に雪平は津島と一緒に逃げる選択をする。

 

武部が指示していたデータが見つかったのならと一条も組織を裏切り雪平たちを逃がす。

逃亡先で津島の持っていたデータから雪平が長年追いかけていた父を殺した人物が誰なのかがわかる。

 

指示をしたのは当時の組織のボス村上克明検事の父、そして実行したのは一条だった・・・
前作のネイルガン事件の時から組織に監視されていたと思われた雪平は、父が組織の闇を暴こうとして殺された時から組織に監視されていたのだった・・・

長年の復讐相手がわかり銃を向ける雪平。
一条は撃てよ。ずっとお前になら撃たれてもいいと思っていたと雪平に語り、雪平はずっと父よりも多くの銃弾を浴びせ殺してやると思っていたのに、復讐に復讐を返したら終わりが来ないのはわかっている。でも今撃てないのは別の感情だと一条への想いを語る。

 

結局雪平は一条を撃てず、一条は逃亡先を去ることに・・・

 

それを見ていた津島はその夜、寝ている雪平にキスをする・・・

すぐに警察が二人の逃亡先に現れ東京に戻る雪平と津島

津島は国内で告発しても意味はないと、過去にアメリカ人の亡命を受け入れたエルドニア共和国に亡命しようと考えていた。雪平はわざわざ偽造パスポートを用意するまでない、とエルドニア共和国大使館に逃げ込もうとするが、大使館のあるビルには何故か武部と組織のメンバーが・・・

 

一条の助け、撃たれたが愛用のジッボで肋骨を痛めただけですんだ山路の助けでなんとか大使館に到着した二人。
この時、武部は一条に殺された。

雪平はthe answerのラストで手に入れたデータを保存したSDカードを隠したネックレスを津島に託しその場を後にしようとするが、津島に裏切られ銃を向けられてしまう。
津島はこの事件の前から武部に会っており、雪平が隠し持っているデータを手に入れられたら死んだ親父の再審を行い、無罪にしてやると取引していたのだった・・・

 


なぜエルドニア大使館のあるビルに組織が来たのか?は、裏切り者の津島がメールで連絡を取っていたから。

一条が助けに来るが、武部との銃撃戦で傷ついていた一条は津島に撃たれてしまう。

銃を向け合い二人だったが、雪平は、自分が武部に脅され津島を撃とうとした時と同じように、あんたにならそのデータを託せる。あなたの事を信じてる。自分の代わりにそのデータで組織を告発してくれと銃を降ろす・・・

 

そして津島が雪平を撃とうとするが、一条が最後の力を振り絞り津島を射殺する。

 

遅れて大使館に到着した山路と小久保祐二(阿部サダヲ)だったが、その時には津島と一条の遺体しかなかった。

雪平はアメリカに渡り、アメリカの新聞社に津島のデータと自分の持っていたデータを渡していた・・・

 

冒頭と最後は雪平がアメリカのモーテルで津島に撃たれた左胸から血を流しシャワーを浴びているシーン
最後のシーンではアメリカで日本の警察、検察、司法が裏で繋がり組織化していたニュースが流され、最後に雪平が笑う。

実は薫ちゃんが生きていた続編が作られることを期待!!スペシャルドラマとかでもいいので!!

アンフェア

 

フジテレビ系連ドラの映画ネタバレ
【ネタバレ】映画HERO(2015年)のあらすじと感想 面白い!!あの薄汚い黄色いダウンもまだ着てらっしゃったりして?

 


関連記事
 カテゴリ