Sponsored Links

新3大マイケル・チャンのあきらめないテニス

8月26日に放送されたマツコ&有吉の怒り新党で紹介された新・3大マイケル・チャンのあきらめないテニス

錦織圭選手のコーチとして最近また注目を浴びていますね。

新・3大マイケル・チャンのあきらめないテニス

・1989年 全仏オープン4回戦 VSイワン・レンドル
・1989年 全仏オープン決勝 VSステファン・エドバーグ
・1996年 全豪オープン決勝 VSボリス・ベッカー

Sponsored Links
  

1989年 全仏オープン4回戦 VSイワン・レンドル

17歳で当時の世界チャンピオンレンドルに挑戦した試合
少年は反骨心と頭脳で帝王に立ち向かう!(テニス解説者 佐藤武文)

動画

驚異の粘りでチャンピオンレンドルと互角の戦いを繰り広げるがファイナルゲームで足が痙攣してしまったチャン・・・
アンダーサーブ、山なりの返球で足を回復させる時間を稼いだりと色々な作戦を駆使したチャンは激闘の末にチャンピオンに勝利する!!
下剋上

1989年 全仏オープン決勝 VSステファン・エドバーグ

フランスからアジアへ 想いを込めて・・・!(テニス解説者 佐藤武文)

動画

対戦相手のエドバーグは4大大会に3度も優勝している貴公子と呼ばれた名選手

得意のサーブ&ボレーで優位を保っていたエドバーグだったが、徐々にチャンがエドバーグのショットを返せるようになり、驚異の粘りでエドバーグのスタミナを奪い4大大会史上最年少優勝!!
4大大会史上最年少優勝

エドバーグは現在ではフェデラーのコーチ

1996年 全豪オープン決勝 VSボリス・ベッカー

試行錯誤でたどり着いた 肉体と精神の完成形(テニス解説者 佐藤武文)

動画

17歳で全仏オープンを制したあとマイケル・チャンだったが、当時は大型選手のパワーテニス全盛期で目覚ましい活躍をすることが出来ていなかった・・・

しかし、筋力トレーニングやラケットを自分に合うやつを考え出し、再び4大大会決勝の舞台に!!

驚異の粘りで観客を魅了するチャンだったが、圧倒的パワーを持つベッカーに敗れてしまった・・・

ベッカーは現在ジョコヴィッチのコーチをしている

錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考


関連記事
 カテゴリ