Sponsored Links
10月26日放送のためしてガッテン禁煙がこんなに簡単なんて!スペシャル

まずはニコチンの中毒性に関しての実験を金魚で行った映像で一度ニコチンを味わった金魚は、
本来の習性を無視してニコチンが含まれている水の方に移動してしまった!!
ニコチンが持つ依存度の強さを金魚が証明していました・・・

そして最近話題の禁煙外来で行っているひとつの治療法を紹介!!
ニコチン依存度チェックで依存していると判断された患者にバレニクリンという薬で禁煙に導いていました。

このバレニクリンとは3カ月服用で80%の人が禁煙に成功している薬で服用中は喫煙してもいいそうですが
薬を飲んで数日でタバコが不味く感じるようになり吸いたくなくなる効果がある禁煙に効果的な薬

何故バレニクリンはタバコを欲しなくなるような働きをするのかと言うと
脳の中の神経細胞同士を繋ぐ神経伝達物質アセチルコリンとニコチンは同じ箇所にハマる働きをする為
アセチルコリンがサボリ出すそうです。その結果ニコチンを欲しがってしまう事になるのですが、
バレニクリンはその箇所に入る働きをするのでニコチンを必要としない為
アセチルコリンを正常な働きをする様に戻す効果があるそうです。

ちなみに20%の失敗者はアセチルコリンによる吐き気ムカツキなどの副作用が強く出る人

Sponsored Links
  


しかし薬で禁煙に成功した人でも1年後に再喫煙してしまう人は多く、
その原因は煙を吸い込むだけで強力な快楽を得られるというのを体が覚えてしまっているから!!
タバコを吸うと言う行為は意味のない行為だが、快楽物質のドーパミンが発生する事を記憶しているみたいです。

その他にもタバコを吸う事で喜びに対する完成度の実験データがあり
ヨーロッパで未成年喫煙者とタバコを吸わない子供で脳の測定実験を行った所
タバコを吸う子供には線条体の働きが弱くなり喜び度合いが弱くなってしまう。という傾向が出た。
この事から喫煙者はタバコがないと喜びが完成しない脳になっていると考えられ、
楽しい事嬉しい事があった際にタバコがないと物足りなさを感じてしまい
喜びなどを完成させる為に再喫煙してしまうそうです。

そして禁煙成否のカギは?というテーマでは面白いアンケートでデータを取っていました。
今すぐ貰える10万円か?□年後貰える15万円か?
□は自分で決めるアンケートを取ったら喫煙者は□の期間が早い今の快楽を優先する人が多く、
非喫煙者は□の期間が遅い、将来の快楽を優先する人が多い傾向にあるらしい。
この結果から禁煙成功の秘訣は、将来の喜び快楽を楽しみにする脳に移行する事!!

成功例として500円玉貯金が挙げられました。
目に見え、500円玉を入れる度に重さを実感できるので今の楽しみもあり、
お金が貯まったら何をしようかという
将来の楽しみも味わえるので自然と将来を楽しめる脳に変わり易いそうです。

この様なメリットを考える禁煙法もあり
再喫煙しないように禁煙に取り組む1つの有効的な方法としてフューチャーペイシング法というのがある

フューチャーペイシング法とは近い将来の具体的なイメージを引き出すカウンセリング法で
タバコをやめる事での不安のイメージをするのではなく、
タバコをやめたらこんなに良い事がある、こんなメリットが起こりうるのではないのか?という
希望に満ちたイメージをするカウンセリングで禁煙を成功に導く1つの手段だそうです。

禁煙補助剤ニコレット
みるみる禁煙できる100のコツ
離煙パイプ 合理的な禁煙法


関連記事
 カテゴリ