Sponsored Links

マリーン・オッティの執念のスプリント

5月13日に放送されたマツコ&有吉の怒り新党で紹介された日本人が知っておくべき新・三大マリーン・オッティの執念のスプリント

・1996年 アトランタ五輪 女子100m決勝
・2004年 アテネ五輪
・2012年スロベニア代表選考レース

Sponsored Links
  

1996年 アトランタ五輪 女子100m

1996年
ブロンズコレクターは諦めない!
ブロンズコレクターは諦めない!

勝負弱いオッティは世界大会で常に3位の銅メダル獲得が続きブロンズコレクターと呼ばれていた。
諦められないオッティは36歳でも挑戦を続け、迎えた100m決勝

写真判定までもつれこみ結果銀メダル
写真

2004年 アテネ五輪

超人オッティはもはや不老不死
超人オッティはもはや不老不死

24年間オリンピックに出場し続けたオッティ
44歳ながら準決勝に進む快挙

2012年スロベニア代表選考レース

2012年スロベニア代表選考レース
永遠のヒロインが起こし続ける奇跡!
永遠のヒロインが起こし続ける奇跡!

52歳になったオッティ
2008年の北京五輪ではオリンピック参加標準記録を満たさず不出場に終わったが、それでも金メダルを諦めないオッティはスロベニア代表選考で11秒96という52歳とは思えないタイムで優勝
オッティ優勝
2012年のロンドン五輪も出場できなかったがリオ五輪目指しているとかいないとか・・・


関連記事
 カテゴリ