Sponsored Links

コリ

日本人の悩み体のコリ!そんなコリを解消するための皮膚に隠された驚きの能力を所さんの目がテンで放送されました。

皮膚と体のコリを徹底解明で紹介された座ったまま出来るコリを解消する体操のやり方や皮膚の動きで体を楽に動かす、柔軟性を上げる方法を紹介

今、注目を浴びる体のほぐし方"皮膚を動かす"

皮膚を動かすと体が楽に動く

皮膚は、一般成人で表面積は約1.6m、重さは約3~6kgもある人体最大の器官で、皮膚は体の動きに合わせて動く。
一般成人の皮膚

Sponsored Links
  

簡単な皮膚と体の動きの実験としてポニーテールにして前屈を行うと・・・
ポニーテールにして前屈を行うと

全員ポニーテールにすると体が柔らかくなる結果に!!
ポニーテール結果全員

ポニーテールにすることで、皮膚がひっぱられ皮膚の様々な受容器が体にこういうふうに動きなさいと教えたと考えられているんだそうです。
皮膚の様々な受容器

皮膚が動かなくなると脳が体を曲げようしなくなる。がポニーテール(頭皮を引っ張る)にしたことで脳から事前に指示が出て皮膚を動かす準備をする。
皮膚動かないと脳が曲げない

同じ原理で、鼻をテープなどで持ち上げる事でも体を柔らかくする効果が得られる。
鼻を持ち上げる

体のコリを解消できる皮膚体操

頭の皮膚を動かす→肩コリ解消
腰の皮膚を動かす→腰痛解消
足の皮膚を動かす→股関節の痛み解消

実際に肩コリで悩む人で実験
肩こり10秒キープ

肩コリ解消の皮膚体操のやり方

背中と胸の皮膚を上に引っ張り上げる、これを10回程度繰り返す
胸ひっぱる

胸の皮膚を引っ張り上げたまま10秒間キープする。
胸ひっぱる2

筋硬度計を使って5回計測した平均値を算出した結果

バキバキだった肩が楽になったそうです。
バキバキ

部位別座ってできる皮膚体操

首のコリ編

1.髪の生え際に10本の指をあてる
髪の生え際に10本の指をあてる

2.頭皮を上に10回押し上げる
10回押し上げる

3.上に押し上げた状態で10秒間キープする

これを3セット繰り返す。(5セットくらいやったほうが効果的らしい)
*ポイントは呼吸を止めないで行うこと、肘を広げて肩に力が入らないように気をつけること

肩のコリ編

1.胸の上の皮膚を斜め上に10回押し上げる
胸10回押し上げる

2.10秒間キープ

これを3セット繰り返す。

肩コリ応用編

胸の皮膚を動かしながら肩を後ろに10回動かす
肩回し

腰のコリ編

1.ベルトの高さに手をあてる
ベルトの高さに手をあてる

2.腰の皮膚を左右に10回動かす
腰を動かす

*ポイントつま先の位置を揃える、腰と一緒に肩が動かないように注意する

その他の腰のコリ解消の皮膚体操

お腹に手を添えて左右に10回位動かす
腰手で動かす圧縮

10秒ほど動かした状態をキープ

腰を手で上に動かす
腰コリ上に手で動かす

背骨の両脇に手を当て10回位上に動かす

10秒ほど動かした状態をキープ


関連記事
 カテゴリ
 タグ