Sponsored Links

愛してる?家族を愛してる?本当に家族を愛してる?あなたはどう?というちょっと怖いシーンからスタートした金曜ドラマ家族狩り 原作は天童荒太さんの小説

人間関係の重苦しい部分を全面に押し出してるけどチャラいキャラに少し救われる!

最終話まで放送されないとどういった終わり方、内容のドラマになるのかわかりませんが、重苦しいので金曜日の連続ドラマとして放送されるより映画のほうがよかった気もする・・・

家族狩り2分まとめ動画

Sponsored Links
  

家族狩り 1話 あらすじ

半年前、忘年会のあとに酔いつぶれていた同僚の国語教師清岡歩(山口紗弥加)と関係を持ってしまった美術教師巣藤浚介(伊藤淳史)

認知症になってしまった父親、朝からパチンコに通う母親氷崎を親にもつ東京都児童ケアセンター職員氷崎游子(松雪泰子)

東京都北区赤羽の一軒家で一家心中事件が起きる。
現場に到着した刑事馬見原(遠藤憲一)は現場に残った花の匂いと謎のもうひとつの匂いが大森で起こった一家心中事件と同じだ、あれもこれも他の実行犯がいるはずだと推理する。

氷崎は児童虐待の疑惑のある父親を通報するが、現場に到着した警察が真剣に取り合わないことに怒り署長に抗議しに警察を訪れる。対応が悪いと抗議しにきた氷崎とすれ違った馬見原は事件現場で嗅ぎ取った謎の匂いと同じ匂いが氷崎からしていることに気づく・・・

巣藤は美術の時間に生徒吉沢愛が気持ち悪い絵を描くが、その絵から心酔するジャン=ミシェル・バスキアに心酔するを感じとり感動するが、吉沢愛はその絵を投げ捨ててしまう。
吉沢愛も家族に問題を持ち精神を病んでいた・・・

登場人物たちが絡み合っていく中、の向かいの家で大森、赤羽と同様の事件が起きてしまった。
現場に到着した馬見原はなんだこの違和感、ひどい光景のはずなのに美しいと感じ取ってしまう・・・
そして、これは誰かが家族を狩っている、家族狩りだと判断する。

登場人物が多く、一人ひとりが何かしら家族との問題を抱えているようで、第1話見た限りでは凄く重いドラマでした。ドラマの中で使われいてる尾崎豊さんのILoveYouも悲しい・・・

ただ伊藤淳史さん演じる巣藤浚介とKis-My-Ft2の北山宏光さん演じる鈴木渓徳が面白い!!

家族狩り


関連記事
 カテゴリ
 タグ
TBS