Sponsored Links

ためしてガッテンで肩こり、頭痛、体のだるさの原因にもなる日本人の2人に1人、およそ6000万人がなっている危険な疲れ目隠れ斜視が紹介されました。

隠れ斜視とは

ほとんどの人が目のずれを持っていて、脳がそのずれを直して前を向こうとするが脳が疲れてしまって眼球の向きがズレてしまう症状で、目を閉じている時のみ眼球の向きがずれている。
目のずれの角度が大きいほど疲れ目になりやすい

筋肉よりも脳が疲れてしまっていて、目を開けている状態でも眼球の向きがズレてモノが2重に見える場合は間欠性斜視になっている可能性あり。

Sponsored Links
  

間欠性斜視とは

目を開けていても時々目の向きがずれる。間欠性斜視の患者数はおよそ280万人

間欠性斜視ではなくとも気づかずに隠れ斜視になっているのは日本人の2人に1人、およそ6000万人と思われている。

隠れ斜視、間欠性斜視の症状

見ようとしてもモノや文字がボヤケたり、目を開けてるだけでもツライ、頭痛肩こり、一晩寝ても目の疲れがとれない。
視力の良し悪しは関係せず、片目でみるとくっきり見えるが両目で見ると違和感があり、片目をふさいで見ると楽になる。
お酒を飲むと斜視になってぼやけるのは典型的な兆候

間欠性斜視のチェック法

・目が疲れたとき二重に見えて片目だとはっきり見える。

隠れ斜視チェック法

・5m先のものが片目ずつ見ると大きくずれる。
5m程離れたものを両目を開けたまま手などで左右の目を交互に隠しものの位置がずれていたら隠れ斜視の可能性あり

隠れ斜視の治療法

・斜視の手術
斜視の角度に合わせて目の筋肉の位置を数ミリ動かす手術を行う。
局部麻酔で当日には帰れる手術で費用は保険適用で3万円~5万円ほど

・プリズムメガネ
メガネで角度を調整するように加工されており眼球を動かす範囲を狭める。
プリズムメガネ費用は一般のメガネ代金+0円~5000円ほどで作成可能

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ユーカリグリーンの香り


関連記事
 カテゴリ
 タグ
NHK